和田政宗議員のツイート

特定複合観光施設区域整備法案(IR法案)が、参院内閣委員会で可決。
採決の際、山本太郎氏が内閣委員長の原稿を奪うとともにマイクを破壊し、内閣委員会の腕や手を強くつかむ行為。
また、委員会室で傍聴していた内閣委員でない野党の議員が、石井IR担当大臣に「人殺し大臣」と発言。

↓↓↓

足立康史議員のツイート

和田先生、これはさすがに懲罰動議でしょう。

自民党、公明党が出すなら、維新の会も乗りますよ!

和田政宗 プロフィール


和田政宗は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員。元NHKアナウンサー、ジャーナリスト。自由民主党広報副本部長。 みんなの党青年局長、次世代の党幹事長、政策調査会長などを歴任。
生年月日: 1974年10月14日 (年齢 43歳)
和田政宗 - Wikipedia

足立康史 プロフィール


足立 康史は、日本の政治家、元通産・経産官僚。日本維新の会所属の衆議院議員。
生年月日: 1965年10月14日 (年齢 52歳)
足立康史 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・いい加減懲罰委員会に掛けたら?

・横暴を繰り返す山本太郎に対し何故懲罰動議を出さないのかという問いがこれだけ多くあります。皆さん和田議員なら答えてくれるはずだと思いツイートしているかと思います。これについて何かしらの説明をしていただきたい。スルーは和田議員の為になりません

・和田議員を攻めてはいません。これらの行為に対して何が出来て、少なくとも懲罰動議くらい出す方法がありますか?国民は既に不在状況の国会っていったい何なのでしょうね

・流石に今回の山本議員は全会一致で懲罰動議すべきです。これが許されるのであれば、国会での暴力行為は「有り」となってしまいます‼️

・こんな酷い国会を国民に見せて子供達になんて説明すればいいのですか?もはや学級崩壊状態ではないですか?教師を蹴ったり殴った生徒の動画を思い出す様な惨状です!暴力暴言なんでも有りの国会は日本の恥です!

・何故野党のこのような行為を見逃すのでしょうか?世の中寛大だけでは済まされない事柄がたくさんあります。やりたい放題の野党に対して懲罰はないのでしょうか?

・毅然とした対処を望みます。あまりに特定野党がやりたい放題の見るに耐えない、聞くに耐えないことばかり。どんどん先鋭化して過激になっていませんか。与党側はどこまでも我慢なんておかしいと思います。歯止めをかけてください。

・懲罰動議を!

・頭おかしいですね。やっていいこと悪いことの区別ができないのでしょうか?

・彼らは酷過ぎる。懲罰動議に出すべきです。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事