本当の友好

藤井厳喜
日本が何を問題にしているか、韓国が歴史について嘘をついてるのが許せない。いい統治をしたけど所詮は植民地だと、帝国大学・小学校・鉄道を作ってくれたのも事実だが、我々はやっぱり嫌だったんだって言うなら意見は聞く。日本は耐え難い、そこを直視しないと本当の友好はあり得ない

藤井厳喜 プロフィール


藤井厳喜は、日本の国際問題アナリスト、未来学者、評論家、シンクタンク経営者。株式会社ケンブリッジ・フォーキャスト・グループ・オブ・ジャパン代表取締役。本名:藤井昇。
生年月日: 1952年8月5日 (年齢 65歳)
藤井厳喜 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・追加で、造ったインフラを無償で置いてきて(他の国だと建設費請求する)無償で使わせている、と続きます

・結果論になるが、過去に朝鮮を併合したことが誤りだった。本当に植民地にすれば良かったのだ。そうならば、今の韓国の日本に対する批判も受け入れられるだろうが…。韓国の嘘つき言動には我慢ならぬ❗️

・何はともあれ「恨」というのが民族の根底にあるので、なにやっても恨まれるだけです。「同国人同士でも自分が相手より強い立場なら、何度でも立場の弱い相手に金銭を要求する文化です(池上彰氏発言」

・ムカつくのは、1度ついた嘘で日本が金を支払って味を占めたこと。好き嫌いの問題でなく、「商売」なんです❗日本も中国、韓国に金を払う止めませんか、ヤ◯ザの恐喝と同じですよ

・相手(韓国、北朝鮮)に良かれと思ってやった事(もちろん日本の為が1番だったけれども)を、当時の人がどう思っていたかは重要だと思うけれど、今の韓国人の日本憎しの感情でもって批判されてもそこは事実を見てくれよとしか言いようがない。自分に都合良く変えた歴史で日本を批判されても知らんがな…。

・香港人はイギリスを憎まない、ベトナム人はフランスを憎まない、台湾人は日本を憎まない……

・「日本は悪でなければならない」自分達の保身と私利私欲で歴史捏造と誹謗中傷を続ける。そのような卑劣な連中を軽蔑します。

・日本の善意を、悪意にすり替えるお国柄の国とは、まともな国交はあり得ないし、それを曲げて交流しようとする、日本の政治家や官僚は、現時点では国賊ですよ。朝鮮半島など、長い長い間、チャイナの属国であったことを忘れたのかな?いまだにその奴隷根性が抜けないのか。世界はそう見ているんだけど。

・ぼくはこの国との友好は要らないと思っている。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事