「盗みのために被災地に行った」逮捕の男2人 岡山 倉敷

▼記事によると…

・岡山県倉敷市で、乗用車からタイヤを外して盗もうとしたとして男2人が逮捕

・調べに対して男らは「転売が目的だった。被災地でタイヤを盗もうと倉敷市真備町に行ったが、人が多くて諦めた」と供述しているということで、警察は被災地を狙った窃盗事件に注意を呼びかけています。

・2人が乗っていた車から複数のタイヤが見つかったほか、車のナンバープレートが「倉敷」ナンバーに付け替えられていたということで、警察は、被災地で不審がられないように準備したうえでタイヤを盗んだと見て調べています。

2018年7月13日 16時43分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180713/k10011531981000.html

平成30年7月豪雨


平成30年7月豪雨(へいせい30ねん7がつごうう)とは、2018年(平成30年)6月28日以降、西日本を中心に北海道や中部地方など全国的に広い範囲で記録された、台風7号および梅雨前線等の影響による集中豪雨である[1]。2018年7月9日に気象庁が命名した。
平成30年7月豪雨 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・諦めたけど盗もうとしたから逮捕…? 監視カメラとかからかな

・奈良県民かよ

・出た……(-。-;

・最低やなぁ。弱い立場の人たちを更に苦しめるような事して…自分の事しか考えてない人。やな世の中。悲しくなる

・天ぷらナンバーつかって偽装してたのか

・めしつきの拘置所行かずに猛暑の中瓦礫撤去させたれ。

・海に捨てちまえ

・火事場ドロボーっているのか。。

・人間なんてこんなもんだよ

・火事場泥棒は、罪を3倍にするという法案が提出されたら、応援したい。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事