やることが外道

居島一平
辻元清美が『内閣不信任案は安倍総理が嫌がる時期に出さないと気が済まない』と息巻いていた

田北真樹子
立憲民主党は酷すぎる。政権を困らせる為だけに不信任案を出すというのはあり得ない。こういう形で外遊を留める例は過去にないと思う。やることが外道

DAPPIさんのツイート

田北真樹子 プロフィール


1970年生まれの47歳(2017年時点) 大分県出身
1996年産経新聞社入社
2000年政治部配属森喜朗元首相の総理番
2009年ニューデリー支局長就任
2013年以降慰安婦問題などを取材
2015年政治部に戻り首相官邸で外交を中心に執筆活動をしています。

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・いやいや、あれを外道に含めたら本職の外道さんに失礼じゃないか( ・ω・)

・おぉーーっと被災されてる国民を無視する野党がイキがってますよ!こんな日本を亡ぼす連中に国を任せらるってんのか!野党政治屋赦さない!

・で、しかも安倍さんが外遊中に出すって言ったが豪雨の関係で外遊が取りやめになり結局内閣じゃなくて野党に不信任案がつのるとw

18日間休暇が世間の批判を浴び、以来リッケンは何をやるにも自信が無くなって、まず観測気球を上げて世間の反応を見る弱気の癖がついてしまいました。

・他にエネルギーを使えないものか。YouTubeで暴れた松居一代と同じだ。

・こんな奴が当選してくるのが不思議だ。選挙区の住民は......馬◯なの?

・特定野党はこれからの選挙の公約は、決して国民のためには働きません、与党の嫌がる事を第一に考えてますと。

・「やることが外道」これに尽きますね。やることに品位がないので、何をやっても、何を言っても下劣。本人たちには、羞恥もないので始末に悪いです

・野党不信任案を出したい

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事