聴覚障害100人の宿泊拒否 熱海市施設「安全保てず」

▼記事によると…

・静岡県熱海市が運営する宿泊施設「姫の沢公園自然の家」が今年1月、聴覚障害者の団体「全日本ろうあ連盟青年部」が申し込んだ100人規模の宿泊依頼を断っていたことが分かった

・障害者差別解消法では、障害者への不当な差別を禁じ、個別の障害に対して合理的配慮をするよう求めている

・静岡県聴覚障害者協会によると、施設側は宿泊の申し込みについて「緊急時や災害時に対応できない。聴覚障害者の専用施設に泊まってはどうか」と断ったという

・協会が県を通して抗議すると「条例があるのに申し訳なかった」と謝罪があった

・佐藤康弘所長は東京新聞の取材に「聴覚障害者は火災報知機の音が聞こえない。耐震化も不十分でバリアフリーでもなく、安全確保が厳しい。市の指導後に受け入れを決めたが、連盟の連絡先が分からなかった」と述べた

2018年7月10日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201807/CK2018071002000119.html

姫の沢公園


姫の沢公園(ひめのさわこうえん)は、静岡県熱海市の北西部に位置する総合公園である。
姫の沢公園 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・警報すら聞こえない100人をどうやって管理しろと・・・障害者はいつも自分の事情を押し付けてばかり

・差別ではなく自然な対応だと思うけどね。実際に何か起きたら誰が責任取るって裁判になると思うよ。

・条例で決まってたとしても、サポートできる同伴者無しで 100人はさすがに宿泊宿側のキャパ超えてると思う

・宿泊当日は20人くらい手話通訳者を連れてこないと対応無理だろ。何かあればまたクレーム入れるだろうし。

・利用者(宿泊客)の安全を保障できないから断る。これの何がおかしいのか。老朽化し耐震性に難があると廃止が決まっているような施設。バリアフリーを求めることが間違っている。

・これで無理を通して宿泊させておいて、火事になって避難が遅れたってなってたほうが問題だと思うんだけど

・災害時に対応出来ないって丁寧に断ってるのに差別扱いなの?ふざけてる

・これさ、お互いにきちんと事前協議すれば良かった話じゃないの?

・これは受けるの躊躇うのは分かる。昨今のイメージではなおさら。

・これ説明不足はあったけど宿側悪くないよね

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事