四女側「身の危険感じる」 遺骨は拘置所で保管へ

▼記事によると…

・死刑が執行されたオウム真理教の教祖・麻原彰晃こと松本智津夫元死刑囚らの遺体が9日、東京都内の葬祭場で火葬された

・松本元死刑囚の遺体の引き渡し先は正式に決まっていない

・法務省は松本元死刑囚の四女の代理人と話し合いを進めているが、四女側が、いま引き渡された場合「身の危険を感じる」などという意向を示したため、遺骨は東京拘置所でしばらく保管されることに

・一方、三女らは松本元死刑囚の妻に引き渡すよう求めている

2018/07/09 10:30
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000131304.html

麻原彰晃 プロフィール


麻原 彰晃は、熊本県出身の日本の宗教家であり、テロリスト。日本で唯一の「最終解脱者」を自称していた。
生年月日: 1955年3月2日
生まれ: 熊本県 八代市
死亡: 2018年7月6日
麻原彰晃 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・このまま拘置所で保管って訳にもいかないだろうし。。。どーすればいい?

・まあそうなるわな。真面目にポアされる可能性あるし。

・四女に遺灰を託すとオウム信者が強奪しに来る。さりとて受け取りを拒否すればオウムを仕切っている嫁一派に渡り悪用されてしまう。

・世間が怖い、以外に「お家騒動」も込みなのか……?

・海に散骨とかじゃダメなの?

・そりゃそうだろう。だから四女は教団から距離置いているでしょうに。

・そらそうよね

・死してなお騒がせる男

・引き渡しを要求している母親や兄弟姉妹から危害を加えられそうなんだな。四女が一番真っ当なのかも。ある程度の期間が過ぎたら拘置所の権限で海に散骨したらいいのに。拘置所から遺骨を盗まれる事があれば、また厄介な事になる。

・まあそうなるわな…。四女は麻原の娘であることを心底嫌がり、負担に感じているのだから。

・そりゃこんなもん受け取ったらタダでは済まんですぞ。絶対奪われる。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事