take4さんのツイート

オウム事件に大逆事件を持ち出す姜尚中氏。大逆事件は左派の人達からすれば大冤罪事件と位置付けているもの。姜氏は「麻原は万死に値する」と言いながら、彼に洗脳された幹部6人も同時に処刑したことに、「処刑がイベント化され、非公開の公開処刑」と批判。しかし、今回イベント化したのはメディア。

大逆事件

大逆事件(たいぎゃくじけん、だいぎゃくじけん)とは、1882年に施行された旧刑法116条、および大日本帝国憲法制定後の1908年に施行された刑法73条(1947年に削除)が規定していた、天皇、皇后、皇太子等を狙って危害を加えたり、加えようとする罪、いわゆる大逆罪が適用され、訴追された事件の総称。日本以外では皇帝や王に叛逆し、また謀叛を企てた犯罪を、大逆罪と呼ぶことがある。
大逆事件 - Wikipedia

幸徳事件

幸徳事件は、大逆事件の一つであり、明治天皇の暗殺を計画したとして、全国の社会主義者や無政府主義者を逮捕・起訴して死刑や禁固刑判決を下した事件である。
同時期には米国でマッキンリー大統領暗殺事件、ポルトガル王国でカルルシュ1世暗殺事件などの無政府主義者、社会主義者、共和主義者によるテロリズムが多発しており、この事件は国内に衝撃を与えた。
政府はこの事件の発覚を受け、跋扈していた社会主義者、無政府主義者を調査摘発し、根絶を図ったが、この過程で政府による捏造もあったとされている。
一般に「大逆事件」と言われる際は、この幸徳事件を指す。幸徳秋水事件ともいう。
開始日: 1910年5月20日
幸徳事件 - Wikipedia

姜尚中 プロフィール


姜 尚中(カン サンジュン。朝鮮語: 강 상중。英語: Kang Sang-jung。1950年(昭和25年)8月12日 - )は、熊本県熊本市出身の政治学者。東京大学名誉教授・熊本県立劇場館長。専門は政治学・政治思想史。特にアジア地域主義論・日本の帝国主義を対象としたポストコロニアル理論研究。所属事務所は三桂。
在日韓国人二世。通名は永野 鉄男(ながの てつお)。姜尚中の日本式の音読みはキョウ ショウチュウ。
姜尚中 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・劇場型と言いながら、劇場に仕立てたのはメディアの側。

・また やってる この連中は懲りんな。

・いや、今回の案件を宗教組織って部分を抜きにしたら『無差別な大量殺人を行った集団の主犯格は、全員死刑判決が下されてる。もう10年以上も前の判決なんだから、速やかに執行しようね』ってだけじゃん。各所が、ただ粛々と自らの仕事を為しただけなのに何がイベントなんだか。

・難癖隊。

・フリップもブイもゲストも手配済みの怪

・姜尚中氏は熊本県の恥さらしものでもあります。彼は熊本地震で被災した熊本県立劇場の館長兼理事長を務めています。地元民としては嫌だなぁという感情しか湧きません。

・いつまでもサンモニは酷い

・大逆事件に例えるのは、流石に無茶だと思いました…

・オウム教団が、何をしようか検証なく、ただ単に政府の圧力が~って言いたいだけでしょう。

・坂本弁護士一家を◯したテレビ局が何かほざいてますね…

・これぞ見事なマッチポンプ。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事