小野寺まさる氏のツイート

ゴールデンタイムに「瀬戸内寂聴スペシャル」…僕から見ると最低最悪のく◯坊主だが、テレビ局は異常に持ち上げるよな…

瀬戸内寂聴 プロフィール


瀬戸内寂聴は、日本の小説家、天台宗の尼僧。俗名晴美。京都府在住。 僧位は権大僧正。1997年文化功労者、2006年文化勲章。学歴は徳島県立高等女学校、東京女子大学国語専攻部卒業。学位は文学士。元天台寺住職、現名誉住職。比叡山延暦寺禅光坊住職。元敦賀短期大学学長。徳島市名誉市民。京都市名誉市民。
生年月日: 1922年5月15日 (年齢 96歳)
瀬戸内寂聴 - Wikipedia

小野寺まさる プロフィール


[前北海道議会議員]アイコンは2017年8月、虎ノ門ニュースのスタジオ入り前。3期12年で道議を勇退し充電中。外国資本の水源・国土買収、アイヌ政策、NPO等の税金詐取、募金ビジネス、外国人への生保や国保適用等の偏向政策問題、安全保障…等々の問題を啓発中。
twitterより

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・もはやホラー番組…

・生臭坊主ですね ... (。◠‿◠。)

・岡本太郎に口説かれていた😱‼️

・岡本太郎が出ていた大昔の腕時計のCMのセリフ。瀬戸内寂聴は心して聞くがいい。「人生相談なんて何の意味もない、時間の無駄だよ」

・出た瞬間に、速攻でチャンネルを変えるくらい不快な人。

・若いとき子供を捨て不倫して男と逃げたり、普通にとんでもない婆さん。

・故人の力を利用しての「私すげぇ」アピールが・・・あつかましい婆さんだわ(*´ω`)

・永田洋子と文通してた!それは自慢になるのか?と疑問視してました(笑)

・三島由紀夫や美空ひばりという大物を売名の道具に使ったとしか思えない

・ここ数年のテレビ番組を見て分かったこと、それはテレビが推す人物は信用に値せず、逆にテレビに叩かれるか取り上げられない人物こそ支持するに値するということ。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事