河野洋平・元衆議院議員の妄言 拉致被害家族は「あなたはどこの国の政治家ですか」

▼記事によると…

・責任を取らない河野氏

河野氏は、北朝鮮に謝罪し、支援もして、国交正常化してから、ようやく拉致問題に取りかかるのがスジだと言ったのである。

これに対して呆れ憤るのは、拉致された増元るみ子さん(当時24歳)の弟、増元照明氏(62)である。

「一体どこの国の政治家なんでしょうか。先に国交正常化などしたら、拉致問題は解決済みのこととされ、拉致被害者は殺されてしまうかもしれません。そもそも2000年のコメ支援の時、われわれ拉致被害家族は、支援などもってのほかと座り込みの反対運動をしたんです。その時、当時外務大臣だった河野さんは、われわれを呼んでこう言いました。『私が北朝鮮を支援することによって、責任をもって拉致被害者を取り戻す』と。あれから18年たっているわけですが、河野さんはどんな責任を取りましたか。責任を取らない政治家なんてダメですよ」

2018年6月22日掲載
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/06221400/?all=1&page=3

増元照明 プロフィール

 
増元 照明は、日本の政治活動家、北朝鮮による拉致被害者の実弟。家族会の元事務局長、政治団体「照明会」代表。
生年月日: 1955年10月5日 (年齢 62歳)
増元照明 - Wikipedia

河野洋平 プロフィール


河野洋平は、日本の政治家。 衆議院議員、衆議院議長、副総理、外務大臣、内閣官房長官、科学技術庁長官、原子力委員会委員長、自由民主党総裁、新自由クラブ代表を歴任。 2003年から2009年まで日本憲政史上最長の期間にわたって衆議院議長を務めた。
生年月日: 1937年1月15日 (年齢 81歳)
河野洋平 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・家族会の声なのに、なぜか報道しない糞マスゴミ(笑)

・テレビマスゴミってこういうのはマジでやらないよな!!! 民間人と元政治家でも 政治家が保守なら叩きまくる癖によ!!!

・家族会がはっきり批判するのは珍しいな

・よく言った。問題はテレビがこれを一切取り上げないことだわ

・自民党総裁で首相になれなかったのは河野と谷垣の二人だが、 谷垣はともかく河野洋平が首相にならなくてホントよかった

・洋平がダメなのは分かりきってる。マスコミが黙殺するのが恐ろしい

・日本が変わらんと拉致問題も解決しない

・増本さん、よくおっしゃった。洋平さん、はやく今までの間違いに気付いて欲しい。

・問題なのは河野洋平だけじゃない! なぜ彼がこれだけ強く働きかけられるかというとバックでしょう。 そういうのが自民党やメディアそして野党にたくさんいることを知らないと! 河野は氷山の一角・・・  

・本当の悲劇は、拉致被害者や家族会がいいように政治利用されて、政治家の中で本当に解決しようとしている人がほんの僅かしかいない事だ

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報をお届けします♪

アンケート(ランダム)&結果を見る