レゴランド東京、聴覚障害者の入館断る 運営会社が謝罪

▼記事によると…

・「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」を訪れた聴覚障害の4人が、聞こえないことを理由に入館を断られていたことがわかった

・国は「障害者差別解消法の禁止事項に当たる」と施設側に改善を求め、運営会社は「大きな過ちを犯した。深くおわびする」と謝罪した

・入館を断られたのは、新潟県に住むろう学校教員でろう児支援団体代表の阿部光佑さん(31)。息子(3)と娘(6)と友人の計4人でレゴランドを訪れた。4人とも聴覚障害がある

・阿部たちは入り口でスタッフに「聞こえる方はいらっしゃいますか? 聞こえる人が付き添わないと入館はできません」と筆談で伝えられた。理由を聞くと「災害時に避難の呼びかけに応じることができないため」と説明されたという

・施設のホームページのQ&Aには、障害者だけの入館はできず、健常者の付添人との入館を求めるという内容が記されていた

6/21(木) 21:08
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000103-asahi-soci

レゴランド・ディスカバリー・センター東京


レゴランド・ディスカバリー・センター東京は、デックス東京ビーチの6階と7階にあるレゴブロックの屋内型テーマパーク。世界7カ国に17ヶ所あるレゴランド・ディスカバリー・センターの一つ。
開園: 2012年6月
レゴランド・ディスカバリー・センター東京 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・まあ、安全第一でルールが妥当なら仕方なし。

・相変わらずこんなことが起きているとは。断られたらどう思うか、もっと考えて欲しかった。

・今回は仕方ない従業員に罪もないけど、レジャー施設ならこういうケースに対応できる様にしておくべきやな

・スタッフの気持ちもわかる。何かあれば矛先が全て向かってくるのが今の時代だし。

・マニュアルどおりにしたんだろうけど、そんなマニュアル作らないと聴覚障害の人が危ない施設なんかいらない。

・障害者の心中も察するが、何かが起きた時は従業員であっても自分の命を優先して動くことはあると知っておくべき。

・ホームページに書いてあるんだよね?

・実際、先日の大阪地震では日本語が分からない外国人観光客が日本語しかアナウンスの無い避難指示や誘導で大混乱に陥ってる

・難しいわな。災害起きたらレゴランドのせいになるし、付き添い付けると人件費かかるし。

・災害時にもし亡くなって「何故聴覚障害者を入れたんだ!!」ってことにはなるよ。命には変えられないでしょ。地震あったばかりだし。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事