受動喫煙対策を訴える肺がん患者にヤジ 国会議員「いい加減にしろ!」

▼記事によると…

・受動喫煙対策が議論された衆院厚生労働委員会で、6月15日、参考人として招かれたがん患者が意見を述べている最中に、自民党の穴見陽一議員が「いい加減にしろ!」とヤジを飛ばしていたことがわかった。

受動喫煙対策をめぐっては、昨年5月の自民党厚生労働部会でもヤジが問題になった。大西英男衆院議員が職場での受動喫煙対策を訴えた三原じゅん子参院議員に「(がん患者は)働かなくていいんだよ」とヤジを飛ばし、謝罪した。

受動喫煙対策を盛り込んだ健康増進法改正案は、飲食店内は原則禁煙にする当初の厚生労働省案に自民党が反対。一定面積以下の店は「喫煙」「分煙」などと表示すれば喫煙可能にする対案を出すなど自民党の抵抗が続いてきた。

その後、妥協案として、客席面積が100平方メートル以下の店を例外とするなどの経過措置が設けられた政府の現改正案が出され、がん患者らから「骨抜きにされた」と批判を浴びていた。

6/21(木) 7:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00010000-bfj-soci

穴見陽一 プロフィール


穴見 陽一は、日本の政治家、実業家。自由民主党所属の衆議院議員。株式会社ジョイフル第2代・第5代代表取締役社長。ジョイフル創業者の穴見保雄の長男。同社顧問でアメイズ副社長の児玉幸子は叔母、現社長の穴見くるみは妻、アメイズ現社長の穴見賢一は実弟。
生年月日: 1969年7月24日 (年齢 48歳)
穴見陽一 - Wikipedia

ジョイフル


株式会社ジョイフルは、本社を大分県大分市に置き、九州を中心にファミリーレストラン「ジョイフル」をチェーン展開するチェーンストアを子会社に持つ持株会社である。 福岡証券取引所単独上場銘柄の一つである。
ジョイフル - Wikipedia

関連動画

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・ジョイフルは分煙といいながら壁も仕切りもなにもありません。 店に入って右側が禁煙席、左側が喫煙席という意味のない分煙体制で、禁煙席に座っても服がタバコ臭くなります。 これを機に九州の嫌煙クラスタがジョイフルに行かなくなることを願います。

・ブラック企業、ファミレス「ジョイフル」での飲食をボィコットします。

・ジョイフルなんていくなってもう何年も前から言ってる。自分からしてもこういう動きもっと広まればいいとおもいます。 ホント、ジョイフルは行くな。出来れば穴見一族が経営してるホテルなんかも利用しないほうがいい。

・国民の健康より商売が一番! #ジョイフル

・こんなの議員身分を剥奪するに値しませんか…なぜここまで腐った人たちが偉そうに国会議員でのさばり続けているのでしょう

・ジョイフルのことは許してほしいんだけど、こいつが代表取締役なん……おわた……もうフォローできへん……

・まぁジョイフルの分煙適当なのはガチだよねw

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報をお届け♪

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事