【衝撃事件の核心】ルール守れないと暴行待つ“地獄の日々” 死亡直前にも殴られ嘔吐繰り返す 目黒女児虐待死

▼記事によると…

・「もうおねがい ゆるして ゆるしてください」。

東京都目黒区のアパートで3月、船戸結愛ちゃん=当時(5)=が死亡し、保護責任者遺棄致死容疑で両親が逮捕された事件では、結愛ちゃんは死亡直前にも父親に激しく殴られ、嘔(おう)吐(と)を繰り返していた。

早朝の勉強など10項目以上の“ルール”を課せられ、守れないと暴行が待つ地獄の日々。細る手でノートにつづった最後の願いすら、両親に届くことはなかった。

電灯・暖房なく、食事制限も
雄大容疑者は結愛ちゃんに自分で目覚ましをかけ、朝4時前に起きて平仮名や算数などの勉強をするよう強制。「モデル体形にする」と言って1日に1食しか与えない日もあるなど食事を制限し、死亡時の体重は2歳児並みの約12キロだった。

結愛ちゃんがいいつけを守れなかったり、泣いたりすると、雄大容疑者が手を上げたり、ベランダに閉め出すなどの虐待を加えていたとされる。

「虐待の態様は極めて残忍」
雄大容疑者が傷害容疑で逮捕された3月時点の供述によると、2月下旬、結愛ちゃんが勉強せずに寝ていたことへの「しつけ」として、水のシャワーを浴びせた上、顔を拳で複数回殴った。殴られた結愛ちゃんは必死に首を左右に振ったが、雄大容疑者の目には「反抗の態度」に映り、さらに殴った。

暴行の数日後の3月2日に病院に搬送された結愛ちゃんの顔は腫れ上がり、室内には繰り返し嘔吐したような形跡もあった。オムツ姿で、トイレにいけないほど衰弱していたとみられ、同日に死亡した。

東京転居を機に「しつけ」エスカレート

・アパートの暗闇の中で1人、死の直前まで両親に許しを請い続けた結愛ちゃん。「あしたはもっともっと できるようにするから」-。その明日は永遠に奪われてしまった。

2018年6月19日 16時41分
http://news.livedoor.com/article/detail/14887841/

関連動画

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・もうさ、子供棄てろよ❗税金で育てようよ?無責任な親が増えるとか言うけどさ、こんな死に方する子見たくねえ。

・胸くそ悪い。恐ろしいのは、こんなめにあってる子供は、他にもいるってこと。

・酷すぎるわ!

・こいつが目の前にいたら殴り◯さない自信がない

・夫側ばかり取り上げられるけど、本当にこの人だけが悪いのだろうか?謎は深まった。

・刑務所内の人権とか、結構報道してたが、刑務所に入ってる奴らを何故守ろうとするのか?訳分からん。

・いや、ホントに許せんわ、この父親。人間じゃない。なんでこの子を誰も守ってあげられなかったんだろう。子どもは社会全体で守るべき存在。悔しくて悲しくて。

・こういうふうに世間は酷いと言っても、制度がこいつに手厚い保護を行う。犯罪者にも人権があるって。無くなった幼児には人権無いのか?

・この事件だけは、感情がコントロールできなくなる。クソッタレ❗

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報をお届けします♪

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事