『報道ステーション』の大阪地震報道が大炎上 配慮のないインタビュー、最後は政権批判の材料に…

▼記事によると…

・テレビ朝日系「報道ステーション」の大阪地震の報道の内容に批判が集まり、炎上状態となっている

・富川悠太キャスターが現地入りし、高槻市の様子をレポート。午後5時頃に被害住民の家に上がり込み、「水が出ない」「ガスの復旧に1週間程度かかる」などの様子を伝えた

・地震によってブロック塀が崩れ、下敷きになった女児が亡くなった事件の報道では、被害者の実名を報じたうえ、同級生の小学生に「亡くなってどう思うか」などが趣旨と思われるインタビューを敢行

・ジャーナリストの後藤謙次氏は地震について聞かれると、「違和感を感じたのは(発言のまま)参議院の決算委員会が行われたこと」「被害が拡大しているときに政府がどうするのか。そこに思いが至っていない」と発言

・さらに「ちょうど3.11のときにも決算委員会があった。このときは菅(直人元総理)さんの政権でしたけども、中断されて直ちに官邸に全員集合した。大都市で起きた地震ですから、官邸に全員集合してですね、対応することも十分可能だったと思う」と、菅直人元総理の東日本大震災対応を称賛するかのような形で政府批判を展開した

・小川彩佳アナも「国民の安心のためにもすぐに対応する姿勢を示して欲しい」と、政府を糾弾した

6/19(火) 12:22配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00000005-reallive-ent

報道ステーション


『報道ステーション』は、テレビ朝日系列で2004年4月5日から月 - 金曜日の22時台に生放送されている報道番組。 放送第1回目からハイビジョン、ステレオ音声で放送。47都道府県で地上デジタル放送が始まった事を受け、2006年12月4日から番組に連動させたデータ放送を開始した。
報道ステーション - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・今回も報道ステーションクオリティ発動で大炎上。つか炎上して当然な内容だね、これ

・未成年(ましてや小学生に)に、同級生の死のコメントを求めるとか、絶対にありえない。常に被害者や遺族の傷に塩塗る連中。

・事実だけ伝えればいいのに、誰かのコメントとか入れて情報操作を行おうとする意図しか感じない

・炎上もなにもこの番組がクズなのは今に始まったことじゃない

・やればやるほど深みに嵌まっておる。もうね、最近テレビは何も信用出来ないよ。まぁ、観てないけど。

・古舘が辞めたときに一緒に無くした方が良かった。もうこんな報道番組打ち切りでいい。存在自体が愚の骨頂でしかない。

・怒りというか、呆れというか、むしろ報ステはブレないなぁと思って見てた。子供のインタビューはBPOに通報かな。何もかわらないだろうけど

・報ステは意地でもこじつけで政権批判する偏向報道番組だから真面目にみないのが吉

・3・11の時にマスコミのヘリの音で、瓦礫の下の被害者が出していた音が聞こえなくて、救えた筈の命が助からなかった事例が頻発した事を忘れてはならない。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事