DAPPIさんのツイート

和田政宗
新聞の押し紙は日本独自の商慣習で公正な取引と言えるのか?また販売店は弱い立場で苦しい状況に置かれている。こういったことを鑑みても公正な取引が行われるべき

押し紙の販売店への負担もさることながら、発行部数の水増しで広告主への詐欺行為。この問題はもっと知られるべき

和田政宗 プロフィール


和田 政宗は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員。元NHKアナウンサー、ジャーナリスト。自由民主党広報副本部長。 みんなの党青年局長、次世代の党幹事長、政策調査会長などを歴任。
生年月日: 1974年10月14日 (年齢 43歳)
和田政宗 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・新聞社の押し紙は、発行部数の水増しで広告主への詐欺行為☝(_ _)ですよね~ぇ大嫌いな朝日新聞さん。

・絶対報道されないと思うけど和田さんGJ‼️

・公正取引委員会は仕事してくださいね。というか、詐欺罪は犯罪です。

・報道特注で知りましたが、和田先生本当に質問したんですね。待合室の朝日毎日率の高さが分かりました。

・朝日新聞の押し紙率は約30%と言われてますね。

・押し紙はパワハラそのもの。最も悪質な代表例。

・和田さんこれからメディアにガンガン叩かれそう。ご自身は発信できる場があるからいいのかな。販売店の声もどこかで取り上げてほしいな~既存のメディアはやらないだろうけど、みんな生活大丈夫なのかな~

・単純に広告主に対する詐欺ですよね?

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事