『朝日ぎらい』(橘玲著)を朝日新聞出版から発売! 私たち、そんなに嫌われてますか?

▼記事によると…

・2018年6月13日(水)、『言ってはいけない』で新書大賞2017を獲得した橘玲さんの新著『朝日ぎらい よりよい世界のためのリベラル進化論』(朝日新書)が発売になります。橘さんにとっては『言ってはいけない』以後、初の新書です。

「朝日新聞出版から『朝日ぎらい』?
でもこの本は決して自虐本ではありません!

この国を長く覆う〝どん詰まり感〟の正体は何なのか?
よりよい社会を目指す「リベラル」が一定の力をもつことで
社会の新陳代謝が進み、イノベーションが起こるという
先進各国で当たり前の仕組みが、機能していないからではないか?
それでは、日本の「リベラル」とは、なんなのか。どこがズレているのか?
本質を衝くスリリングな論考の数々、ぜひご高覧ください。

「明日は今日よりずっとよくなる」そう いう希望がほんらいのリベラル。
私たちが、そう思えないのはなぜだろう。
「リベラルが退潮して日本は右傾化した」といわれるが、本当だろうか?
実はリベラルが退潮しているのではない。 朝日新聞に代表される日本の「リベラリズム(戦後民主主義)」が、グローバルスタンダードのリベラリズムから脱落しつつあるのだ。
若者はなぜ“自民好き”なのか? ネトウヨはなぜ生まれ、影響力を持つのか? 保守とリベラル、成功するのはどっち?……
世界の潮流から〝リベラルぎらい〟を読み解き、 再生への道筋を示した劇薬処方箋!

【目次】
PART1 「リベラル」と「保守」が逆転する不思議の国
PART2 アイデンティティという病
PART3 リバタニアとドメスティックス
PART4 「リベラル」と「保守」の進化論

2018年6月11日 14時06分
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000457.000004702.html

『朝日ぎらい よりよい世界のためのリベラル進化論』


著者:橘 玲
ISBN:9784022730923
定価:875円(税込)
発売日:2018年6月13日
https://www.amazon.co.jp/dp/4022730927/

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・はい、大嫌いです。

・バカが必死にバカじゃないと泣き喚いてる感じの本ですね( ̄▽ ̄;)

・発行部数の減り具合を見ればわかるだろwwww

・本当に大嫌いです。

・自虐本を出したら末期

・朝日関係者が想像してる以上に嫌われてるよ。

・ふーん、買わない。

・はい、朝日新聞大嫌いです。

・へぇ~、すごいね。嫌われてる自覚ないんだ(笑)大嫌いですけど。

・うん、大嫌いだから、さっさと廃刊にしてください。もう朝(鮮)日(報)新聞は見たくもありません。

・嫌われていると思います。国民を騙すメディアは嫌われて当然でしょ。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事