国交正常化後に拉致解決を=米朝首脳会談は評価―河野元衆院議長

▼記事によると…

・河野洋平元衆院議長は13日、東京都内で講演し、北朝鮮による拉致問題に関し、「国と国との関係も正して、そして(拉致被害者を)帰してもらうという手順を踏まざるを得ない」と述べ、北朝鮮との国交正常化が先決だとの見解を示した。

12日の米朝首脳会談でトランプ米大統領が拉致問題を提起したことについては「(安倍晋三首相が)自分で言わなきゃ駄目だ」と語り、直接対話を促した。

6/13(水) 15:55
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000076-jij-pol

河野洋平 プロフィール


河野洋平は、日本の政治家。 衆議院議員、衆議院議長、副総理、外務大臣、内閣官房長官、科学技術庁長官、原子力委員会委員長、自由民主党総裁、新自由クラブ代表を歴任。 2003年から2009年まで日本憲政史上最長の期間にわたって衆議院議長を務めた。
生年月日: 1937年1月15日 (年齢 81歳)
河野洋平 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・順序が逆。拉致問題を解決してから国交の正常化を協議。

・こいつも北の協力者リストに入っているのかね🤬

・仰る通りです。しかも日本は北朝鮮を国として認めていないはず。。。

・こういう感覚じゃないと河野談話なんか出せんな。あれのせいでどれだけ日本の名誉が貶められてるか。

・そういうバカなことをこれまで延々とやってきて失敗した。国交正常化しても拉致被害者を返す保証などないというのに。

・これで元自民党総裁だからな。笑わせるわ。安倍総理とは、次元が違う!

・鳩山さんも同じ様な事を言ってたな、いったい誰が日本の国益を損なって来たのか一目瞭然だな。

・息子さんの顔に泥塗る様なことを言わんでくれや

・河野太郎も本音ではこう思ってるって訳か

・これは酷いね。この人は北朝鮮から何かしらの優遇受けたのかもね。ただ太郎大臣は別人格ですので親子セットにするのは止めましょう。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事