五輪費用、ふるさと納税で 東京都が検討

▼記事によると…

・東京都は2020年に開く東京五輪・パラリンピックの費用の一部をふるさと納税で賄う検討に入った。都民や東京都以外に住む人に制度を利用して寄付をしてもらい世界的なイベントに参加する意識を高める。都にはふるさと納税で地方に流出している税金を取り戻したいとの思いもあるようだ。

・東京五輪の開催費用は約1兆3500億円とされている。このうち東京都は6000億円を負担する。ふるさと納税で集めた資金は五輪の会場となる施設の整備や管理費などに充てる予定だ。

・ふるさと納税の返礼品としては施設に寄付した人の名前を書いたプレートを付けるといった案などがある。都には公園や動物園のベンチ用に一定額を寄付すると名前を残せる制度があり、五輪でも活用するとみられる。

・東京都は18年度、ふるさと納税による減収額が23区分だけで312億円に達する見通しだ。全国的に関心の高い五輪を機に、他の自治体に税金が流出する流れを止めたいという狙いがあるとみられる。

2018/6/9 12:30
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31577280Z00C18A6MM0000/

2020年東京オリンピック


第32回オリンピック競技大会は、2020年7月24日から8月9日までの17日間、日本の東京で開催される予定のオリンピック競技大会。一般的に東京オリンピックと呼称され、東京五輪と略称される。公用文では第三十二回オリンピック競技大会の表記も見られる。
日付: 2020年7月24日 – 2020年8月9日
2020年東京オリンピック - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・い い 加 減 に し ろ ! ! ! !

・これも、本当にアホな発想だよね。

・これでふるさと納税にとどめがさされるかなあ。

・建築資材やメダルの素材も献納という話がありましたが、費用もたかるとは。ボランティアの募集といいセコ過ぎる。

・人件費はボランティアに続いて五輪費用はふるさと納税から充当。もうオリンピックやめたらいいんじゃないの?

・ここまで露骨に魂胆ミエミエなら堂々と旅費付きのチケット販売します言えば良いのにバカだねぇ

・そんなに金に困ってんの……?ってイメージしか湧かねぇ……

・は?今ごろってか、当初から計画倒れってことだろ… もう止めちまえよ💢

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事