「報道ステーション」後藤謙次氏の事実誤認と世論誘導コメント

▼記事によると…

テレビ朝日「報道ステーション」5月23日の放送はあまりにひどい。

コメンテーターの後藤謙次氏は、事実を誤認し世論誘導とも言えるコメントをしました。

この日は財務省の応対記録などが出てきた日であり、そのことを伝えるVTR明けのコメントで、

後藤氏は、

「今日要旨を読みましたけれども、それで見えてきたのはやはり昭恵夫人付きの谷さんが出てきた場面から事態が急に動くんですね。

(富川アナ:2015年の10月ですね。)

籠池さんが神風が吹いたとこう言ってましたけど、まさにこの時期に重なってくるんじゃないかと思うんですね。

それまでは近畿財務局でもやっかいな案件だなっていう感じが非常に文書からも出てるんですね。

それがあの時点から急に動き始める。となるとですね、やっぱり昭恵さんの存在というのが非常に大きいと思うんですね。」

と言っています。

しかしこれは完全な事実誤認で、国有地の貸付と、その後の売買を混同しています。

(理解する力が無いのでしょうか・・・)

谷さんが問い合わせたのは貸付の制度についてのことで、売買とは全く関係なく、谷さんの問い合わせは貸付契約後に、介護施設に適用される50年貸付の制度が学校法人に適用されることがあるのかという制度上の問い合わせをしたまでです。

しかも貸付は完了しており、何かに影響を及ぼしたということはありません。

▼全文はブログへ
2018年05月29日 23時53分45秒
https://ameblo.jp/wada-masamune/entry-12379841071.html

和田政宗 プロフィール


和田 政宗は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員。元NHKアナウンサー、ジャーナリスト。自由民主党広報副本部長。
生年月日: 1974年10月14日 (年齢 43歳)
和田政宗 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・報道ステーションはいつも、事実報道を少しだけして、司会者やコメンテーターの個人的タラレバばかりの報道脚色ステーションですよね。。。

・私も近畿財務局の資料ダウンロードして読みましたけどもし後藤氏が「要旨を読みましたけれども、やはり昭恵夫人付きの谷さんが出てきた場面から事態が急に動くんですね」と言ったのなら彼は絶対に資料を読んでません。後藤氏は安倍政権に対して決定的な悪意を持っていると考えられます。大馬鹿者です。

・イライラするので見ないことにしてます。

・事実誤認なんて言い出したらこの番組自体が成り立ちません(笑) 事実なんかどうでもいい印象操作が目的の番組ですから。

・報道内容の訂正と謝罪を要求してくれませんか?これを許していいんですか?

・もうオールドメディアは完全に死亡しましたね。呆れ果てて視る気になりません。顧客である視聴を舐めすぎています。

・和田氏が直接、報ステに出る事は出来れば良いなと以前から思っていますが、テレ朝は受け付けないのでしょうかね・・

・でしょうねー。過去に懲りてるでしょうから。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事