外国人労働者らの管理体制強化へ 雇用や婚姻など一元把握の案

▼記事によると…

・今後増加が見込まれる外国人労働者などの管理体制の強化に向けて、法務省は、厚生労働省や市区町村と連携して雇用や婚姻などの状況を一元的に把握するための新たな対策案をまとめました。

・政府は、深刻な人手不足の中、外国人労働者のさらなる受け入れに向け一定の技能を持った人を対象に原則として最長で5年の在留を可能とする新たな在留資格を創設する方向で検討を進めています。

・こうした中、法務省は、今後増加が見込まれる外国人の管理体制を強化するため雇用や婚姻などの状況を一元的に把握する必要があるとして新たな対策案をまとめました。

・それによりますと、就職や離職、転職などを把握するため、雇用保険を所管する厚生労働省との間で情報共有を促進する新たな枠組みを創設するほか、日本人と結婚した外国人が離婚したり配偶者が死亡したりした際に、市区町村などと連携して情報を取得できるよう必要な法整備を進めるとしています。

・また、永住者に対し、永住許可後にも資格を取り消すことができる新たな仕組みを設ける一方で、在留期間中に問題のない外国人に対しては、在留資格の更新など各種の審査手続きを簡素化する方向で検討するとしています。

5月24日 6時42分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180524/k10011450121000.html

法務省


法務省は、日本の行政機関の一つである。 法務省設置法3条では法務省は、「基本法制の維持及び整備、法秩序の維持、国民の権利擁護、国の利害に関係のある争訟の統一的かつ適正な処理並びに出入国の公正な管理を図ること」を任務とするとしている。
設立: 1952年8月1日
法務省 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・在留期限が過ぎていても、病気だとかで延期できるやつもやめろ。病院が中国人だらけだ。

・団地も、都内や埼玉の団地は中国人まみれ。他の県はどうなんだろう

・うちの小学校のクラス中国人の方が多い。宿題をなくせってデモやってるよ@葛飾

・怖すぎる。乗っ取られるぞ

・まぁ小さいけど第一歩だな

・特永を廃止しろ。他の外国人に対する差別そのものだからな

・日本人に害が及ぶ前に、対策するべき

・ようやくか、だがその一歩を踏み出す事が大切なんだよな。 一歩一歩着実に追い詰めていこう。

・こりゃ在日らが安倍を叩くわけだ

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事