DAPPIさんのツイート

上念司
モリカケは矢追純一さんのUFO問題と同じ。UFOをアメリカ政府が隠しているという前提で米軍基地に勝手に行き米軍に注意されたら『何か隠してる!』と騒いでるのと同じです。UFOビリーバーは政府が隠しているという頭なんです

これは凄い分かりやすい例え

矢追純一 プロフィール


矢追 純一は、日本のディレクター、テレビタレント、疑似科学作家。

「キワモノ専門の呼び屋」康芳夫と結託して、『石原慎太郎の国際ネッシー探検隊』(1973年)、『超能力者ユリ・ゲラー』(1974年)、『オリバー君来日』(1976年)等の話題作を次々と仕掛け、時代の寵児となったが、スプーン曲げで追従した関口少年のトリックが見破られて超能力ブームが一気に終息したため、1970年代末以降はUFOネタを主に扱うようになった。
上記のような企画物を数多く担当し、「怪奇ディレクター」「UFOディレクター」の愛称で知られた。
生年月日: 1935年7月17日 (年齢 82歳)
矢追純一 - Wikipedia

上念司 プロフィール


上念司は、日本の経済評論家、経営者。
生年月日:1969年5月4日 (49歳)
上念司 - Wikipedia

動画を見る

関連動画

twitterの反応

▼ネット上のコメント

上念さん上手いこと言った❗

・官邸や省庁にアポ無しで行って追い返されたら「何かやましいことがあるに違いない」あ、ほんまや!

・この例えは秀逸で、モリカケ問題と言われているものは、この例え以外何者でもない。

国会に行って説明するという中村知事の参考人招致を拒否してるのはどこの政党ですか?笑

・モリカケをこれに置き換えれば 「UFO が存在しない理由を説明しろ!」

・貧困調査の前川さんも「文部科学省における再就職等規制違反」(違法な天下り)が原因で退任した

結局籠池くらいしか捕まってないやん。詐欺師1人捕まえるのにどんだけ税金無駄にしてんだよ。

・結局マスコミと野党が出してくる人物って経歴がブラック過ぎて話にならないんですよね💦ww

・政治の喋りに関しては、上岡龍太郎氏の域に達してる。

まぁ今回、名乗り出て証言すべきはメモを書いた人物なんだけど、、、そもそも論として、そこは本当に会っていようがいまいがどうでもいい話。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事