愛媛県文書にねつ造説?

愛媛県が国会に提出した加計学園獣医学部新設の新文書を巡ってネットで2種類のフォントが使われている事から捏造ではないかと話題に。

愛媛県担当者
1つの文書でフォントを使い分けることはある。強調したい所をわかる様にフォントを変える

Mi2さんのツイート

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・普通は又聞きの又聞きについて書いたメモを公的文書ですって出さないと思うの。印象操作や数字操作が効果が無くなり偽造まで手を染めました感がハンパない。

・いやいやいやいや 無理があるでしょ・・・w

・少なくともビジネス文書では、強調のために明朝をゴシックに変えるヤツはほぼ皆無じゃない。だって、太字にしたり、下線を引いたり、文字の級数を上げたり、網掛けしたりなど、もっと良い方法があるんだから。

・単なる言い訳だと思います。普通は色をつけたり、太字にすると思います。フォントはないです。

・ほんと、奇妙な習慣ですね(^^; 強調した時は普通、太文字にするとか、色を変えるとか、アンダーラインをいれるとか、「 」で囲むとかですよね(^^)。

・過去に役所で仕事してたことあるけどこれを公文書として上にあげたら突き返されるよ。一般企業でもそうじゃないかな。まず、日付明記してないし。アウトでしょ。役所は日付大事。届いた郵便物もすべて届いた日付をつけてまわす。

・過去に作成した他の文書も出してみれば良いじゃん。ほら、こんなに面倒くさくて意味の無いフォント変更するのが伝統ですって見せて欲しい

・この文書の信ぴょう性に関しての疑惑は深まった!ですね!

・苦しい言い訳

・何回コピーしたらあそこ迄の絵になるのかな(笑)

・太字にするとか下線を引くとかなら判るけど、わざわざフォントを弄るとか面倒くさいことするのかなぁ。

・苦しい言い訳やなぁ(笑)

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事