エベレストで死亡の栗城史多さん 「無謀を美談にしてはいけない」と批判の声も

▼記事によると…

・登山家の栗城史多さんが21日朝、エベレスト下山中に遺体で発見され、数々の悲しみの声が寄せられたが、一方で批判的な意見も寄せられている

・今回8度目となるエベレスト挑戦では、最難関と言われる南西壁ルートから挑んでいた。栗城さんの実績から考えれば、このルート選択は無謀と指摘する声。

・登山ライター森山憲一氏は、2017年6月9日に自身のブログで「このまま栗城さんが北壁や西稜にトライを続けて、ルート核心部の8000m以上に本当に突っ込んでしまったら、99.999%死にます。それでも応援できますか」と警鐘

・無謀ともいえるルート選択や、栗城さんの死去を「美談」かのように扱う風潮に疑問を呈する声も見受けられた

2018/05/22 15:30
https://sirabee.com/2018/05/22/20161635183/

栗城史多 プロフィール


栗城 史多は、日本の登山家、起業家。株式会社たお代表取締役。北海道瀬棚郡今金町出身。北海道檜山北高等学校、札幌国際大学人文社会学部社会学科卒業。よしもとクリエイティブ・エージェンシーと2011年9月から業務提携。
生年月日: 1982年6月9日 (年齢 35歳)
栗城史多 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・七度登山に失敗して、八度目に命を落とした登山家。山の女神は彼を拒否し続けた。それだけだよ、誰が 彼や、エベレストを批判できるんだい?

・登山家じゃなくて リスク管理のできないビジネスマンでしょ

・無謀。サポート無し、酸素ボンベ無しで登頂に失敗してベースキャンプに帰還してからの低体温で死亡だよ?

・無謀とされる挑戦を成功させられれば英雄。失敗すれば愚者。いつの時代も挑戦しない奴らが訳知り顔で評価するもんさ。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事