登山家の栗城史多(くりきのぶかず)さん36歳が、エベレストのベースキャンプで亡くなっていたことが複数の海外メディアで報じられています。

栗城史多さんは指を9本失った登山家として、過去7度エベレスト登頂に失敗し、今回が8回目の挑戦でした。

登山の様子は、5月24日の午後4時からAbemaTVにて、生中継することが決まっていました。

海外メディアの報道

▼記事によると…

BREAKING: Japanese climber Nobukazu Kuriki found dead on Mt Everest

・KATHMANDU: Japanese climber Nobukazu Kuriki has been found dead at Camp II on Mt Everest this morning, multiple sources at the Mt Everest base camp confirmed.

Sherpa climbers found the 36-year-old Japanese alpinist dead in his camp, a base camp officer told THT over phone. Efforts are underway to airlift Kuriki’s body from the high camp, he added.

2018年5月21日
https://thehimalayantimes.com/nepal/japanese-climber-nobukazu-kuriki-found-dead-on-mt-everest/

機械翻訳

カトマンズ:日本の登山家の栗木信樹さんが、今朝エベレストのキャンプIIで死んでいると確認され、エベレストのベースキャンプでの複数の情報源が確認されました。

シェパの登山家は、キャンプで死んだ36歳の日本人アルピニストを見つけました。ベースキャンプオフィサーは電話でTHTに語った。ハイキャンプから栗木の身体を空輸する努力が進められている、と彼は付け加えた。

以前、クライキはエベレスト山で5回目の入札を断念しました。これは、前回の秋の登山に失敗した4回の試合で、2012年に9本の指が凍ってしまったためです。

Bochi Bochi TreksのTikaram Gurung(マネージングディレクター)によると、4人のシェパガイドと一緒に、Kurikiはより高いキャンプに向かって、エベレスト山の最後のサミットを推進していました。

彼のFacebookページで共有された記事のほとんどは、咳と寒さに苦しんでいたことを示しています。”私は今7,400メートルにいる。今、私はこの山の痛みと難しさを感じ、私は起き上がっています。私は非常に慎重にしたい、 “彼の最新の記事のいずれかを読む。

栗木は、今シーズンにシェルパのサポートとボトル入りの酸素を使わずに、エベレスト山で独身の試みをしたかったと伝えられている。

栗城史多 プロフィール


栗城 史多は、日本の登山家、起業家。株式会社たお代表取締役。北海道瀬棚郡今金町出身。北海道檜山北高等学校、札幌国際大学人文社会学部社会学科卒業。よしもとクリエイティブ・エージェンシーと2011年9月から業務提携。
生年月日: 1982年6月9日 (年齢 35歳)
栗城史多 - Wikipedia

栗城史多さんのチームのFacebook

(栗城中継班より)
栗城は体調が悪く、7400m地点から下山することになりました。

今後の行動は未定で、栗城が無事に下山して状況がわかり次第、お知らせいたします。

皆様からの応援、本当にありがとうございます。

キャンプ3からの無線

キャンプ2からの無線

5月18日には自らの顔を映し、ベースキャンプの様子を撮影

関連動画

栗城さん最後のツイート

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・AbemaでなんどもCMやっとったやつけ?どうすんじゃろ

・栗城史多さんの行ってきたことが実際のところどうだったのかとか、評価とか、そういうことはどうでもよくて、少なくとも私たちに向けて見せられていた彼の姿勢とか表情とか著書での言葉とか、夢に対して自由であっていいんだってことが、とても私を励ましてくれました。ご冥福をお祈りします。

・栗城史多さん、亡くなったのか。。。

・栗城史多さん、ネットで色々批判を集めてる登山家という認識だったのだけど実際亡くなってしまうとなんとも言えない気持ちになるな…

・応援してたのに。。なんてことなの。。。すごいショック。。。

・嘘だ、信じられない。この後、集中出来るか、自分…

・うわあ…。誰も止められなかったのか…。

・これでエベレストより高いところに行けるな

・本望・・・なのかな?

・とうとう最悪の事態になったか…

・心よりご冥福をお祈りいたします

追記

5月21日午後3時ごろ、公式フェイスブックページで次のように死亡が発表された。

栗城事務所の小林と申します。

このようなお知らせになり大変申し訳ございませんが、
エベレストで下山途中の栗城が遺体となり発見されました。

下山を始めた栗城が無線連絡に全く反応しなくなり、
暗い中で下から見て栗城のヘッドランプも見当たらないことから
キャンプ2近くの撮影隊が栗城のルートを登って捜索し、
先ほど低体温で息絶えた栗城を発見いたしました。

生きて帰ることを誓っておりましたのに、
このような結果になり大変申し訳ございません。

生きて帰るため執着しないと誓っておりましたのに、
最後に執着してしまったのかもしれません。

皆様へのご報告が遅くなりなりましたこと、
心よりお詫び申し上げます。

何m地点で発見されたかなど
これ以上の詳細が日本でわからず大変恐縮ですが、
またわかり次第お知らせ申し上げます。

これまで栗城を応援していただき、本当にありがとうございました。

栗城事務所  小林幸子

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事