@chiteyan_さんのツイート

いじめって被害者さんがカウンセリングとか受けされられるじゃん?
でもあれアメリカだといじめた側に受けさせるんだって
いじめないとやってけないなんて「病んでる、おかしい」って言って。
日本が被害者が問題あるみたいにするからいじめ無くならないんじゃないかな…

カウンセリング


カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
カウンセリング - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・別にカウンセリングを受けたから異常認定されるわけでもないでしょうが、たしかにいじめる子の方が心理的ストレスを抱えてる可能性大なので、外国のやり方は合理的な気がします。教育系のアルバイトをした者としては、そう感じます。

・根本的な問題は学校の「個性を尊重しましょう」と言いつつ「違う」ということに対して敏感に反応する空気。最たる例が「みんな仲良くしましょう」特に小学生なんて他人との付き合い方がまだうまくできない訳で、仲良くできない子と仲良くすることを強いればそりゃ捻じれていじめも起こる。

・日本のやり方はあくまで被害者のケアという意味合いで、欧米のそれは原因の解明等、問題を解決する為の手段であって、目的の違う行為を同列に語るのは間違いのような気がします。どちらも大切なのではないでしょうか?

・つまり、日本人にとって称賛されるのは「道徳的に正しいこと」ではなくて、「多数が認めること」なのです。そのため、日本では大人の社会にもいじめが多く、ほとんどが解決しないのではないかと思います。長くなりましたが、以上の理由から私は加害者へのカウンセラーには賛成です。

・日本にもいじめ防止対策推進法や基本方針があり、その中に加害者へのカウンセリングや加害者の周囲の環境への対応も記載されています。いじめられる側に問題があるという考え方を無くすよう啓発運動をする事も書かれています。古い風習を変えようとしている人も沢山いる事を知ってもらいたいです。

・日本のカウンセリングはどちらかと言えば被害者の心の傷を癒す為ににあるのだと僕自信は考えてます

・傷ついた心を癒すためのカウンセリングなのではないのかしら

・いじめる方もいじめられる方も両方問題あることが多いから両方受けさせればいいと思う

・じゃあアメリカではいじめは無くなってるのか?

・いじめ被害者に心のケアが必要である場合も考えて、被害者のカウンセリングはあっていいと思います。ただこれは被害者の任意で。加害者は強制的に「治療」させるべき。

・結論:どちらにも受けさせればいい

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事