母親が告白 農業アイドルだった大本萌景さん(16)は、なぜ自殺しなければならなかったのか

▼記事によると…

・2018年3月、愛媛県松山市を活動拠点にする農業アイドル「愛の葉Girls(えのはがーるず)」メンバーだった大本萌景(おおもと・ほのか)さん(享年16)が、自宅で首を吊り亡くなった。

・「愛の葉Girls」はご当地アイドルブームが盛り上がりをみせていた2012年12月に、“歌って、踊って、耕すアイドル”としてデビュー。JAや自治体が主催するイベントなどで精力的に農業の魅力をPRする活動を続けてきたが、萌景さんの死を受けて、3月末で活動を自粛。デビュー以来、レギュラーメンバー・研修生を含めて10人以上が卒業や活動を辞退するなどして、最終的には5人編成となっていた。萌景さんの死から約2カ月。まだ心の整理がついていないという萌景さんの母親が、現在の思いを初めて語った。

・「1億円を払うように言われた」という娘の言葉
萌景は出先からSさんに電話をしたようです。電話を切ったあと一緒にいたお友達に、「謝らされた、私は何も悪いことしていないのに謝らされた」「なんで私が謝らないかんの? 本当に社長(Sさん)に裏切られた」 と話していたそうです。このときは、何のことを謝らなければならなかったのか、お友達にも話さなかったといいます。

・亡くなった3月21日の朝、萌景が一緒にいたお友達とそのお母さんに、「私の(「愛の葉Girls」で活動した)2年間は何だったんだろう、夢を返してほしい」「社長(Sさん)に裏切られた。社長に1億円を払うように言われた」 と話していたと、あとから聞いて本当にショックでした。契約書には「ペナルティ料」の項目があり、規定違反や義務の不履行、タレント活動への事前連絡なしの不参加、遅刻の場合などにギャランティの50パーセント、または100パーセントをカット、足りなければ事務所から請求する旨が記されています。「1億円」というのは、Sさんが「違約金」をにおわせた発言だったと思えてならない。生前、「『何があっても萌景は辞めさせん』と社長(Sさん)に言われるよ」とも本人から聞いていました。

2018/05/19
http://bunshun.jp/articles/-/7433

事務所スタッフと萌景さんのLINEのやり取り

マネージャーと母親のLINEのやり取り

愛の葉ガールズ


愛の葉Girls(えのはがーるず)は、2012年12月3日にデビューした愛媛県松山市を拠点に活動する日本のアイドルグループ。日本の美味しい「食」、日本の安全な「食」を推進する『農業アイドル』。実際に自分たちの農園をホームグランドにして農業の魅力を感じ、「農家後継者不足」の解消に努めている。

2018年3月21日、メンバーの大本萌景が自殺。同月23日、グループは活動自粛を発表した。
愛の葉ガールズ - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・まあ芸能界なんかチョンヤ◯ザの世界だからな。関わった時点でアウト

・これマジなの?ドクズ過ぎんだろ

・これは拡散しないとな。

・これは酷い

・もらっている給料に対して一億はおかしいね

・芸能なんてチョンと8◯3の世界だって親は教えないのか。

・親がオーディションに応募する時代だし

・そろそろご当地アイドルも一旦引き締めて数減らしたほうがいい段階じゃね

・テレビで報道してないね

・これは警察に連絡せなあかんかったな~。

・これ、刑事事件じゃん

・大人だったらこういう不当な契約は無効になるってことは解るんだけど、16歳の子供だったら本気にしてしまうんだよね

・え、これ社長らは処罰されないの?

・クソ事務所すぎんよ~

・真面目な子だったんだろうな

・これはマジひどい。マスコミもっと大々的に取り上げるべきじゃね?

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事