石破氏「総理に秘書官が報告しないこと、考えられない」

■石破茂・自民党元幹事長(発言禄)
(衆院予算委員会での柳瀬唯夫・元首相秘書官の参考人招致について)加計学園だけが特別扱いされたのでは、との疑問が完全に払拭(ふっしょく)されたかというと、そういう思いはしない。疑念を完全に払拭するとの(安倍晋三)総理の指示は、完全には達せられなかったんじゃないか。

非常に違和感を持ったのは、希望があれば誰でも会うと言われたが、総理秘書官が誰にでも会ってくれる話だと思わなかった。結果として、会ったのは加計さんだけ。誰にでも会うと強調していたので、すごく違和感を持った。なぜ加計さんだけだったのか。石破4条件を随分強調していたが、閣議決定だから安倍内閣の決定であり、その点もかなり違和感を持った。

総理に秘書官が報告しないことは普通考えられない。秘書官は個人でなく、(総理の)分身として会っていて、誰に会ったか報告するのが普通だ。全く報告していないことにも違和感は持ったし、政府の中で働いたことがある人たちはそう思ったのではないか。愛媛県と柳瀬さんの言い分が違っているのが今の状況で、その場でメモをとられた愛媛県の関係の方々も(国会に)お呼びするべきなのかもしれない。(予算委員会終了後、記者団に)

5/10(木) 15:39配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000061-asahi-pol

↓↓↓

小西洋之氏のツイート


そのとおり。報告しないなら秘書官やっている意味がない。柳瀬氏は「求められれば誰とでも官邸で会う」というが、総理秘書官は総理の分身として絶大な権限を有する。求められても敢えて会わないのが総理秘書官の鉄則。

石破 茂 プロフィール


石破 茂(いしば しげる、1957年(昭和32年)2月4日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、水月会会長。 防衛庁長官、防衛大臣、農林水産大臣、自由民主党政務調査会長、自由民主党幹事長、内閣府特命担当大臣兼地方創生担当大臣等を歴任した。 父は、建設事務次官、鳥取県知事、参議院議員、自治大臣などを歴任した石破二朗。
生年月日: 1957年2月4日 (61歳)
石破 茂 - Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・石破ははよ離党しろ

・いちいち誰と面会したか報告するのが仕事じゃない

・あっ、国民の敵だ

・国民の敵に応援されてて笑う

・落ちぶれたなー、もう浮上できないくらいに

・石破さん、あなたはもう立民に行って下さい

・流石に柳瀬の報告してないは無理あるだろ。じゃあ何の目的でわざわざ総理の秘書官が官邸で会ったんだ?って話になる

・(元閣僚経験者)(元党幹部)=石破
(党内ベテラン議員)=村上
だな

・(若手議員)=小泉
も追加で

・わかったから早く証拠を出せよ

・こいつの発言は不快でしか無いから、はよ自民から抜けて欲しいわ

・報告すべきものを取捨選択するのが秘書官の仕事じゃないの?

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

☑️は『いいね!』済みです。
取り消しにご注意ください

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事