▼百田尚樹さんのツイート

何の落ち度もない麻生大臣が辞めるまで国会を開かせない、と主張する野党たちは常軌を逸している。
麻生大臣がずっと辞めなければ、野党は永遠に国会に来ないつもりか。
こんな狂った野党を、メディアが非難しないとなれば、日本のメディアは完全に終わっている!
もしくは中国に乗っ取られている!

百田尚樹 プロフィール


百田 尚樹は、日本の放送作家・フィクション小説家・作家大阪府大阪市東淀川区出身。
生年月日: 1956年2月23日 (年齢 62歳)
百田尚樹 - Wikipedia

▼関連動画

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・ただただ許せない。

・もはや現行のメディアを国民は見捨てなくてはなりません❗

・麻生大臣が辞める必要なんて1ミリもない🙋ク◯野党6党が大臣辞めるまで来ないというならもう野党6党は一生来なくていいよ😁

・この理屈が本当なら、絶対に麻生大臣は辞任してはならないと思います。ごね得は通してはダメだ👎

・一国民として野党の国会議員解任要求をしたいです。

なんでどこのメディアもこの事を批判しないで同調した感になってるのよ?ホントに国家的危機だ😣💧

・もう地上波要らんでしょ? 早く電波オークションして新規参入即しましょ。チャンネル数増えたら見たい番組だけリモコンに登録して安心してテレビ見られる生活になります。左がかった人は左の番組ばっかり見とったらええんです。その内番組潰れるけど。

・野党6党は こんなア◯な事で 私たち 仕事頑張ってます と アピールしている。対案立案能力が無い。後ろ盾の 彼の国の組織の操り人形。そして税金ドロボー。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事