国民・視聴者の利益にならず=放送改革でコメント―民放連

▼記事によると…

日本民間放送連盟(民放連)は16日、政府の規制改革推進会議が示した放送制度改革の論点について、「産業振興の一面だけで放送の在り方や制度の見直しを議論した」と批判し、「決して国民・視聴者の利益にならない」とするコメントを発表した。

民放連は、推進会議の議論に対し、「検討の方向性によっては、民放事業者の経営に重大な影響が及びかねない」と懸念。議論の行方を注視すると指摘した上で、「国民各層、専門家や関係事業者の意見を十分に聴取して、精緻な議論を行うよう要望する」と訴えた。

4/16(月) 21:07配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00000109-jij-soci

日本民間放送連盟


一般社団法人日本民間放送連盟は、民間基幹放送事業者による、放送倫理水準の向上ならびに業界共通問題の処理を目的に設立した非営利団体である。 以前の英称はNABだったが、一般社団法人への移行に伴い、現名称に変更した。
設立: 1951年7月20日, 東京都
日本民間放送連盟 - Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・決めるのは国民だと思いますね。格安で電波を借りて濡れ手に粟なんて許されないと思いますよ。競争と改革がお好きな業界ならドーンと構えれば良いのです。先行者として。特権を守る為に反対なんてことは無いですよね?

・NHKは資産整理の上、災害情報、天気情報と国会中継のみに特化。後の地上波、無くして良い。
通信のみで、特段問題ないでしょ、このご時世。みんなが見たいものを、オンデマンドで見れば良いよ。

・テレビ局の利益が減るからテレビ局の利益を「国民・視聴者の利益」に置き換えたのでしょう。改革されたら困るのは国民・視聴者ではなく民法連に加盟してるテレビ局なのですから。

・放送法4条がけしからん!と国連の方から来た人たちと一緒に騒いでいたメディアが今更何を言ってるの?
4条維持しても電波の規制緩和はすべきです。

・ア◯か?今の放送など国民に害悪しかもたらしていない。しかも、国民・視聴者のためになるかどうかは民放連などが決めることではない。我々国民が決めることだ!!下らない抵抗はやめて、いつも主張している構造改革・規制緩和を放送でも受け入れろ!!民放連不要!

・既得権にしがみ付きたくて必死だけど、将来を考えたら早すぎる事は無いと思いますけどね。

・利益になるかならないかは我々日本国民・視聴者であってお前らテレビ局ではないのだよ。国民・視聴者を騙すのはやめろ!

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事