膵臓に腫瘍と翁長氏

▼記事によると…

翁長氏は精密検査を受けた結果、膵臓に腫瘍が見つかり、手術を受けることを明らかにした。手術後に早期に復帰したいとの意向も表明した。

2018/4/10 17:05
https://this.kiji.is/356349467454588001?c=39546741839462401

翁長雄志 プロフィール


翁長 雄志は、日本の政治家。沖縄県知事。 那覇市議会議員、沖縄県議会議員、沖縄県那覇市長などを歴任した。 父は元沖縄県真和志村長の翁長助静。兄は沖縄県副知事、沖縄県議会議員を務めた翁長助裕。次男は那覇市議会議員の翁長雄治。
生年月日: 1950年10月2日 (67歳)
翁長雄志 - Wikipedia

膵臓がん(膵がん)の解説


膵がんは50~70歳、特に高齢の男性に多いがんです。膵臓には強力な消化酵素(アミラーゼ、トリプシン、リパーゼなど)を分泌する外分泌腺と、ホルモン(インスリンなど)を分泌する内分泌腺があります。がんはこれらの膵臓細胞から発生する可能性があります。なかでもこれらの分泌液が通る膵管にできるがん(膵管がん)を中心に、膵がんが増えています。膵管がんは膵管上皮細胞の過形成(かけいせい)や異形成(いけいせい)から、前がん状態を経て発がんし、膵管上皮内癌になり浸潤(しんじゅん)癌へと進展していくと考えられています。
http://www.onaka-kenko.com/various-illnesses/pancreas/pancreatic-cancer/01.html

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・脾臓がんはステージ1でも50%前後だからな

・従兄弟が2人、膵臓癌で亡くなったけど早いぞ。 多分、そのうち俺も…

・これが大腸がんや胃なら早期治癒率90パーセントだけどすい臓ガンは早期治癒率が2割ないよな。 早期以外ならほぼ治らない

・お大事に

・膵臓は沈黙の臓器。見つかった時には手遅れ

・膵臓がんの5年生存率はめっちゃ低い

・膵臓癌はかなりやばいガンだから、助かったなら余生を有意義に過ごすべきだな。

・病人をたたく気にはなれないので、引退して療養してくれ。そのほうが丸く収まる

・引退したほうがいい

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事