ゆず新曲に「美しい日本」「靖国の桜」 異色「政治的」歌詞...その真意は?

▼記事によると…

・人気フォークデュオ・ゆずの新曲「ガイコクジンノトモダチ」の歌詞が、インターネット上で注目を集めている。
「美しい日本」「靖国の桜」――。このように、「政治的」とも捉えられるフレーズが頻出する歌詞に、「こういう思想の持ち主だったの?」などと困惑するユーザーが相次いでいるのだ。

・明るい曲調で「国歌」や「国旗」歌う
話題の楽曲は、ゆずが2018年4月4日に発売した最新アルバム「BIG YELL」に収録されたもの。作詞、作曲はリーダーの北川悠仁さん(41)が担当している。

明るくシンプルなギターの伴奏に、ポップなメロディを乗せた軽快な一曲。歌舞伎をモチーフにしたような「ヨォ~」という合いの手が曲中に入ったり、外国人女性の話し声が流れる場面があったりなど、全体としてコミカルな印象を受ける。

だが、こうした楽曲の歌詞の内容が、ネット上で議論を呼ぶことになった。右寄りの思想を感じさせるフレーズが頻出するとして、違和感を訴えるユーザーが続出したのだ。

「ガイコクジンノトモダチ」というタイトルの通り、歌詞は日本が大好きだという外国の友人を持った「僕」の心情を表現したもの。サビでは、日本に生まれ育ち、日々の生活を送っていることなどを歌った上で、

「なのに 国歌はこっそり唄わなくっちゃね」
「なのに 国旗はタンスの奥にしまいましょう」
といったフレーズを続けている。

さらに曲中には、「靖国の桜」というワードも登場。これは、メディアでは右、左などと騒いでいるが、外国人の友人と一緒に見た靖国の桜は綺麗だった――という文脈の中で使われている。

・このように波紋を広げた「ガイコクジンノトモダチ」の歌詞について、当の北川さんは4月5日発売の雑誌「音楽と人」(18年5月号)に掲載されたインタビューで、

「文章にして読み上げるとかなり危険そうな内容も、ポップソングにしちゃえば、何だって歌にできるな、と思って書いてみたんだよね(中略)自分が大切だって思うことは、ちゃんと伝えたくて」
と説明している。また、インタビュアーから「かなり強い右寄りの思想を感じる」などと伝えられた北川さんは、

「危ないよね(笑)。でも音楽にすることでラッピングされちゃう部分をうまく使いたかった。あとこういう歌詞を唄うことで、みんながゆずに対して思ってることを壊したかったんだよ。それがいちばん大きいかな」
としていた。

2018/4/ 9 14:20
https://www.j-cast.com/2018/04/09325688.html?p=all

ゆず プロフィール


ゆずは、日本のフォークデュオ。セーニャ・アンド・カンパニー所属。公式ファンクラブ名は「ゆずの輪」。
出身地:神奈川県 横浜市 (1997年)
メンバー:北川 悠仁、 岩沢 厚治
レーベル:トイズファクトリー、 avex trax、 エイベックス台湾
ゆず - Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・国歌国旗が歌詞に出てるとなぜ政治色になるのか。先の五輪なんて国歌国旗流れまくりだろ。おかしい

・へ〜〜、そんな歌作ったんだ。悠仁は敬神的態度のある人で、そのような歌は不思議ではない。靖國さんも含めて各地へのお宮へのお参りを欠かさないことでも知られるね。どうか左の方々、嫌がらせや妨害をしないでほしい。

・ゆずのファンではなかったけどアルバム買います

・いったいどこに発狂する歌詞があるんだ?ただ自分の生まれた国を愛そうってだけです。

・めっちゃ共感する歌詞です!!なんで日本が好きって大声で言えないのって思ってた。父は私が右に傾いてるって言うけど、私はどっちでもなくて日本が好きで安倍総理が好きなだけ(≧◡≦)

・日本に生まれてこの国が好きって胸を張って言える事は素晴らしい事だと思います。ゆず 前から好きだったけど、応援する!

・北川さんは普通に曲を作っただけだと思います。素直に楽しめない人は心が貧しいのでしょう。

・日本の国旗も国歌も嫌なら、日本から出て行けとしか言えませんね。嫌って言ってるア◯どもは、一体どの国の国民なんだか、って感じです。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事