北朝鮮の東京五輪参加 「拉致問題理解し進めるべき」森会長

▼記事によると…

・IOC=国際オリンピック委員会が、北朝鮮が再来年の東京オリンピックに参加の意思があることを確認したと発表したことについて、東京大会の組織委員会の森会長は「東京大会について考えをいただけたことはありがたいが、日本人の気持ちも十分に承知し、これからの話を進めてほしい」と述べ、日本と北朝鮮の拉致問題を理解したうえで進めるべきだと、IOCの対応にくぎを刺しました。

4月2日 18時13分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180402/k10011388491000.html

森喜朗 プロフィール


森 喜朗は、日本の政治家。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長。 衆議院議員、文部大臣、通商産業大臣、建設大臣、内閣総理大臣、自由民主党政務調査会長、自由民主党幹事長、自由民主党総務会長、自由民主党総裁などを歴任した。
生年月日: 1937年7月14日 (80歳)
森喜朗 - Wikipedia

▼動画を見る

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・やっぱり言ってくれた森会長

・森さん!いい事言った!!

・人権無視のIOCだよな。

・森さんは、マスコミの偏向報道で貶められた方でした。また小池都知事の策略で悪役にされましたが、実際には国を思う立派な方だというのが最近の認識です。

・なるほどな、マスゴミに騙された私。小池がダメだったのに

・さすが、森喜朗会長ですね!本当にその通りです!

・マスコミの偏向報道、小池劇場などでご苦労されていますね。お気の毒です

・この人失言も多いけどたまには日本人の心に突き刺さるいい事を言ってくれる。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事