間違えやすい標識で交通違反に…「警察の“間違えるのを待って”取り締まる姿勢に納得できない」

▼記事によると…

・今回は、アンケートの回答から“間違えやすい標識”にかんするエピソードを紹介。道路状況によってはわかりにくかったり、見えづらかったりする場合もある。

・“斜め左用”の青矢印に釣られ、さよならゴールド免許=会社員・あやたかさん(51歳男性・千葉県)

「都内某所の五差路の交差点で左折信号待ちをしていました。左方向に青矢印が表示され、前の車が動きだして交差点に進入。続いて私も交差点に左折進入したところ、警察官に2台とも止められてしまったんです」

警察官は電柱の陰に隠れていたそうだ。何事かと思いきや、表示されていた矢印は左折用ではなく、“斜め左”用の青矢印とのことだった。警察官がこう続ける。

「この交差点は間違いやすいんだよ」

あやたかさんが憤る。

「だったら陰に隠れていないで、間違いかけている車に注意を促せばいいのに、違反するのを待って捕まえる。事故が起こらないように未然に防ぐのではなく、取り締まりを優先する警察官の姿勢と仕事ぶりに呆れました」

結局、「違反は違反だから」と切符を切られてしまった。常に安全運転を心掛け、無事故無違反だったあやたかさんだが、こうしてゴールド免許を失ってしまったそうだ。

2018年04月01日
https://nikkan-spa.jp/1463490

交通違反


交通違反(こうつういはん)とは、交通法規に違反することを意味する。
歴史的には支配階級の特権や軍事的な必要性を強調する交通ルールが主流であったが、現代においては世界中でモータリゼーションの進行による自動車交通が爆発的に発展して、交通事故の発生に伴う生命・身体への危険性が飛躍的に増大したため、人権保護の観点から警察や司法機関による厳しい取り締まりや処罰の対象となっている。
交通違反 - Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・月末は特に点数稼ぎ。

・夏季ボーナス査定稼ぎだな。

・斜め左用って書いとけ!って怒りたいですね。ドンマイです。

・取り締まりのための取り締まりはしないと何年か前に言ってたけど現場レベルは変わらないね

・ホントこう言うの糞だよな

・ウィンカーを出さない車を取り締まれよ‼自転車の違反なども取り締まれよ

・納得出来なければサインをせず「裁判所に持ち込む」と宣言すれば良いだけです。警官から手帳を開示してもらい、氏名・所属・階級を控えるのを忘れずに。

・暗い夜道をカブで走っていると怪しい車が後をつけてくる、速度を落とすと同じく落とす、気味が悪くなってスピードを出してにげたらパトカーだった。速度違反だって、お前は何を仕事としているのか

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事