地検、理財局職員を任意聴取“組織のため”

▼記事によると…

森友学園の国有地売却をめぐる文書改ざんをめぐり、財務省理財局の職員が大阪地検特捜部の任意の聴取を受けていることがわかった。職員は聴取に対して「組織のために仕事としてやった」という趣旨の供述をしているもよう。

関係者によると、大阪地検特捜部による任意の聴取を受けているのは財務省理財局の複数の職員で、文書改ざん問題の経緯について説明を求められているもよう。

職員は聴取に対して文書改ざんを認めた上で、「国会対策のためにやった」「組織のために仕事としてやった」という趣旨の供述をしているという。

さらに、理財局の一部で組織的に改ざんを行ったことも認めているもよう。大阪地検特捜部では、改ざんの経緯について慎重に調べる方針。

3/22(木) 15:09配信
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180322-00000042-nnn-soci

理財局


理財局(りざいきょく)は、日本の中央官庁である財務省の内部部局の一つである。
国債、財政投融資、国有財産などの管理を主な業務としている。
2017年(平成29年)7月5日- 太田充
理財局 - Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・佐川に聞くまでもなく終わりそうだな

・でマスゴミと野党は、いつ昭恵夫人に土下座するの???

・あれ?じゃあ政府からの指示はなかったんじゃん

・はい関与なし

・完全に安倍関係なし。いい加減認めろ

・組織=政府やないで?パヨクさんよ

・安倍に忖度じゃなくて、組織として裏取らず籠池の虚言に乗っかった責任だよな。

・もうこれ野党無理だよ

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事