英「車いすの天才学者」ホーキング博士死去=76歳、ブラックホールなどで新宇宙論

▼記事によると…

・「車いすの天才宇宙物理学者」として知られる英国のスティーブン・ホーキング博士が中部ケンブリッジの自宅で死去した。76歳だった。

・ホーキング博士は、量子力学や一般相対性理論などを駆使して、1960年代後半にブラックホールの存在を示したほか、83年には宇宙の始まりを解明する「無境界境界条件」論を展開するなど、新しい宇宙理論を提唱。現代宇宙論の進展に大きく貢献した。

・大学院生時代に筋肉が衰える難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発病したが、学究生活を続け、74年、最年少の32歳で英国学士院会員に選ばれたほか、アインシュタイン賞、ハーバード大名誉科学博士など多くの賞や学位を獲得した。

3/14(水) 12:57配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180314-00000043-jij-eurp

スティーヴン・ホーキング プロフィール


スティーヴン・ウィリアム・ホーキングは、イギリスの理論物理学者である。大英帝国勲章受勲、FRS、FRA。 一般相対性理論と関わる分野で理論的研究を前進させ、1963年にブラックホールの特異点定理を発表し世界的に名を知られた。
生年月日: 1942年1月8日
スティーヴン・ホーキング - Wikipedia

▼ネット上のコメント

・お悔やみ申し上げます( ´-`)

・残念です。。。

・巨星墜つ RIPホーキング博士

・まじかよーーーー お悔やみ申し上げます

・残念😣💦⤵

・宇宙論に興味を持つきっかけをくれた人でした。 ご冥福をお祈りします。

・巨星墜つ

・偉大な頭脳を失ったなぁ

・ショックだ

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事