森友担当死亡職員、親族に「常識壊された」と漏らす

▼記事によると…

学校法人「森友学園」の国有地売却問題を担当した財務省近畿財務局管財部に所属し、7日に神戸市内で自殺した男性職員は昨年夏、親族との電話で「常識が壊された」と漏らしていた。

親族は詳しい内容を聞いていないとしつつ「実直な人なので、やるべきではない仕事をさせられたのではないかと思う」と語った。親族が12日、取材に応じ、昨年来のやりとりを明かした。

職員は50代。以前は仕事の話をほとんどせず、弱音を吐いたこともなかったが、昨年8月、心療内科に通っていることを告げられた。電話で「毎月100時間の残業が何カ月も続いた」「常識が壊された」とつらそうな様子で話し「異動できずつらい」とも打ち明けたという。

職員はその後、仕事を休んだ。昨年12月に届いたメールでは、年明けの職場復帰の計画に触れながらも「心と体がうまくついていかない」と不安を吐露していた。

近畿財務局が国有地を値引きして売却した問題は、昨年2月に発覚した。森友学園を巡る財務省の決裁文書改ざん問題も踏まえ、親族は「汚い仕事をさせられたのではないか」と疑念を強めている。「正義感が強いから、間違ったことをさせられていれば、すごく抵抗したのではないか。全てを明らかにしてほしい」と訴えた。(共同)

2018年3月12日20時57分
https://www.nikkansports.com/general/news/201803120000715.html

財務省


財務省は、日本の行政機関の一つである。 財務省設置法第3条により、健全な財政の確保、適正かつ公平な課税の実現、税関業務の適正な運営、国庫の適正な管理、通貨に対する信頼の維持及び外国為替の安定の確保を図ることを任務とする。
設立: 2001年6月1日
財務省 - Wikipedia

▼関連動画

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・政争ばかりで国益を追求しない政治家はいらない

・この人達は財務省の不正を暴くために追求してるわけではない。昭恵夫人が関与してる証拠を探すためだけにやっている。昨日も全コンピューターの内部くまなく探せと恫喝していた。担当の一般社員の徹夜、休日出勤は続く。

・野党とマスゴミの人為的な行為がなければ、命も失われずに済んだ。そもそも、検察に任せて淡々とやるべきこと。それを馬鹿騒ぎして国会運営を空洞化させ、多大なる国損を生み出している。

・ちょっとしたミスを隠してしまったり、誰かのチョンボで残業増えたりってのはけっこう心に負担を掛けるんだよね…後、100時間残業は心身を蝕むよね 心療内科に休むよう言われていたと思うよ。立憲や自由党みたいに勝手に国会さぼったりデカい声でヤジったりでストレス発散は普通じゃ無いから

・内容は違うが、日本人を追い詰めた電通と変わらない。

・でもさ、中央省庁でも月100時間の残業なんてざら…そして残業手当だってもう殆ど付かない職場も有るんですよねぇ💦きっと、プライド潰されたのでしょうね!

・元民進とマスゴミに殺されて、死んだ後も政権叩きに利用される。こう言う人達に配慮して異動や労働時間短縮をしようとしても、マスゴミは叩くから始末に悪い。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

☑️は『いいね!』済みです。
取り消しにご注意ください

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事