“森友文書”の削除箇所が複数判明 政権に影響も

▼記事によると…

財務省は、学校法人「森友学園」の国有地売却に関する決裁文書に書き換えがあったと認める方針を固めました。

政府関係者によりますと、財務省は「本件の特殊性」といった記述や交渉経緯など削除された箇所が複数、判明したとの調査結果をまとめ、12日に国会に報告することにしています。

決裁文書を巡っては、国会に提出した時に理財局長だった佐川国税庁長官が9日に辞任するなど波紋が広がっています。政府関係者は「次官をはじめとする職員だけでなく、麻生財務大臣の引責に発展するのではないか」と話していて、安倍総理大臣の政権運営に大きな影響が出る可能性もあります。

2018年3月10日 20時54分
http://news.livedoor.com/article/detail/14415027/

▼関連記事

財務省、「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書に書き換えがあったと認める

財務省は10日、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書に書き換えがあったと認める方針を固めた。

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・是々非々はさておき、書き換えを必要とするような案件だったということがわかった。

・だって、職員が勝手に削除したものが、何で大臣の責任になるんだよ

・それでも野党の支持率上がらないでしょ。😂

・改ざんの有無が第一ステージなんで、何故改ざんしたかを問うのが第二ステージだ。そして、構図全体明らかにするのが第三ステージやんな。

・さて。「改ざんされていたのは事実であった」以上、段階は「なぜ、改ざんしたか」に移ったぞ。

・問題が本当に解決したら誰かまとめサイトでも作ってくれないかな?紙芝居でもいいや。あまりに情報が錯綜しすぎている。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事