「徴収しないで」にJASRAC「理解できぬ」

▼記事によると…

・日本音楽著作権協会(JASRAC)による音楽教室からの著作権料徴収について、文化庁が徴収を認める裁定を出したことを受け、JASRACは8日の記者会見で、4月1日から徴収を始めると発表した。

・裁定に伴って行われた行政指導に従い、司法判断が出るまでは、裁判で争っていたり徴収に疑問を持ったりする音楽教室事業者には、個別の督促は行わないという。

・裁定後、事業者らで作る「音楽教育を守る会」の三木渡代表が「司法判断が出るまで全ての音楽教室から徴収しないでほしい」と求めているが、JASRACの浅石道夫理事長は「どんな立場でそんなことを言っているのか、全く理解できない」と受け入れない考えを示した。

2018年03月08日 18時52分
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20180308-OYT1T50085.html

日本音楽著作権協会


一般社団法人日本音楽著作権協会(英語: Japanese Society for Rights of Authors, Composers and Publishers)は、日本の著作権等管理事業法を設立根拠法に、音楽著作権の集中管理事業を日本国内において営む一般社団法人である。英称の略称から「JASRAC(ジャスラック)」と呼ばれる。以下、この記事では「JASRAC」と表記する。
設立:1939年11月18日
日本音楽著作権協会 - Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・マジにカスラックだな

・こいつら音楽業界守る気ある?

・新しい著作権管理団体を作るしかない

・そして街から音楽が消えた。

・徴収実績を作って司法判断に有利な影響をあたえようってのがカスラックの戦略

・音楽教室は潰れて教えるミュージシャンの仕事も無くなり文化としては衰退していくだろうな

・どんな立場でそんなこと言ってるのかとかめちゃくちゃ偉そうだな。お前らがどんな立場だよ

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1520505215/

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事