別文書に「特殊性」の表現 国会開示にはなし

▼記事によると…

学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書が書き換えられたとされる疑惑で、同省が国会に開示した文書とは別の決裁文書に、「本件の特殊性に鑑み」「学園に価格提示を行う」などの表現があることがわかった。

毎日新聞が同省近畿財務局への情報公開請求で入手した。これらの表現は国会に昨年提出された売買に関する開示文書にはなく、文書作成の経緯や疑惑との関連性が議論になりそうだ。

2018年3月8日 14時48分
https://mainichi.jp/articles/20180308/k00/00e/040/287000c

▼関連記事

和田政宗議員「朝日新聞さん、まさか文書を取り違えてはないとは思いますが…」→ 全く別の文書と比較すると、ほぼ合致している事が判明

朝日新聞が指摘する、国会に提出された「売買契約の決裁文書の調書」と、近畿財務局に保存されている原本が違うという件。まさかとは思いますが、全く別の決裁文書の調書を比較し、文言が変わっていたり削除されたと指摘したということはないでしょうか?

毎日新聞


毎日新聞は、日本の新聞のひとつ。2017年9月期の販売部数は朝刊が約294万部、夕刊が73万部である 。毎日新聞社が発行している。
毎日新聞 - Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・毎日に裏切られたら四面楚歌じゃん

・毎日新聞はネトウヨ糞わろたw

・もう捏造ってレベルじゃねえぞコレwwwwww

・朝日のあの記事一面でしょ?終わったなw

・朝日「毎日が援護射撃してくれたと思ったら撃ち抜かれたでこざる」

・これ毎日も必死だろwww

・朝日が潰れれば左派層の読者を取り込めることに気付いてしまったのか?

・おらワクワクしてきたぞ

・嘘つきは朝日新聞の始まり

・これ、朝日も意地になってんな

・「だがちょっと待ってほしい」はよw

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

☑️は『いいね!』済みです。
取り消しにご注意ください

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事