4階級上の体重だったネリの暴挙に汚された元名王者山中慎介のラストマッチ

▼記事によると…

・WBC世界バンタム級タイトルマッチが両国国技館で行われ、同級1位の山中慎介(35)が、計量失格で王座を剥奪された前王者のルイス・ネリ(23)に計4度のダウンを奪われ、2回1分3秒TKO負けした。

・体重差の影響で威力の増したネリのパンチは、まるで“体重ドーピング”。当日の体重は4階級上のライト級だった。

・問題視する声があちこちから出てきたが、山中は「これが最後。終わりです」と現役引退を表明した。

・1.3キロの体重超過で失格となり、この日、正午に行われた当日計量は57.5キロ。前日に設けられた58.0キロのリミットは守ったが、計量失格後、食事を極力控えていただけのことで、その後、胃袋を満たし試合時には、60.1キロまで増量していた。

・軽量級の増量は、通常リミットのプラス4.5キロとされている。だが、ネリは53.5キロのリミットからプラス6.5キロ。ちなみに60.1キロは、バンタム、スーパーバンタム、フェザー、スーパーフェザーの上になるライト級(61.23キロ)の体重である。4階級も上だ。

3/2(金) 5:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180302-00000002-wordleaf-fight

↓↓↓

結果、世界中から批判が殺到し無期限資格停止処分に。ファイトマネーも70%凍結される

ネリ無期限資格停止 WBC「受け入れがたい」
https://www.nikkansports.com/battle/news/201803030000206.html

ネリのファイトマネー7割凍結、WBCから待った
https://www.nikkansports.com/battle/news/201803030000154.html

山中慎介 プロフィール


山中 慎介は、日本の元プロボクサー。滋賀県湖南市出身。第65代日本バンタム級王者。元WBC世界バンタム級王者。 南京都高校、専修大学商学部卒。帝拳ボクシングジム所属。マネジメントは株式会社コモンズ2所属。
生年月日: 1982年10月11日 (35歳)
山中慎介 - Wikipedia

ルイス・ネリー プロフィール


ルイス・エステバン・ネリー・エルナンデスは、メキシコのプロボクサー。元WBC世界バンタム級王者。ティフアナ出身。プロモーターはサンフェル・プロモーションズ所属。トレーナーはイスマエル・ロドリゲス。
生年月日: 1994年12月12日 (23歳)
生まれ: メキシコ ティフアナ
ルイス・ネリー - Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・階級が制定されたスポーツでこれは許されないだろう。そんな中で興行を潰さないためリングに上がった山中に敬意を表したい。

・控えめに言ってルイス・ネリはクズで、こんなのを野放しにしていたらボクシング界に未来はない。二度とリングに上げないように裁判でもなんでもやるべきと思う。

・結局神の左には、ドーピングや階級を上げてからではないと勝てなかったと言う事か。イカサマしないと勝てないとは、なんてチャンピオンなんだ。

・ルールを守れないボクサーはリングに上がる資格なし。スポーツの根幹が揺らぐ。各認定団体統一の計量に関する厳罰処分ルール化を希望する。

・ネリはボクサー失格です

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事