渡辺啓太に「妨害」ショートトラックの北朝鮮選手に非難殺到

▼記事によると…

・平昌五輪・ショートトラック男子500メートルでの北朝鮮の選手に批判が殺到

・転倒した際に、渡辺啓太の方に手を伸ばして妨害したとする声が上がっている

・北朝鮮の選手は失格で、渡辺は2位で準々決勝に進むことになった

2018年2月21日 12時24分
http://news.livedoor.com/article/detail/14331977/

▼Mi2さんツイート

渡邊啓太 (オリンピック選手)


生年月日: 1992年3月25日 (25歳)
生まれ: 埼玉県 川越市

▼動画がこちら

▼拡大

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・スポーツをする資格がない

・朝鮮人は卑怯極まりないわ(怒)

・この卑劣な妨害朝鮮人を批判する言動は左翼にしてみれば『差別主義』なんでしょうね

・二回もやってる

・この状況で冷静にコメントできる渡邊選手がすげぇわ。スポーツマンの鑑

・あまりにも酷くて何度か見直したが、どう見ても意図的にエッジに手をかけている。本来なら一本目で失格にするべきでしょう。二本目もあわよくば自分の右足で引っ掛けようとているとしか見えない。悪質極まりない。

・ちゃんと制裁請求できる日本になれるかな?

・やはりひどい行為ですね。逆に渡辺選手はすごいですよ。

・ちょっと間違ったら、大事故だぜ。故意にやってるよな。永久追放が妥当だな。

・渡辺啓太選手 凄い!何度も妨害されながらも負けないで良く耐えました‼

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事