「日本に感謝しなければならない」という妄言した米NBC解説者、スターバックス理事であった

▼記事によると…

去る9日、ラモーは開幕式の中継解説者として適切でない発言で全世界的に物議をかもした。ラモーは日本選手団入場の際に「日本は1910年から1945年まで韓国を強制占領した国家だが、すべての韓国人は発展過程にあって日本が文化および技術、経済的に重要なモデルになったと話すことになるだろう」と言った。

ラモーは現在、スターバックスとフェデックスで理事として活動している。また、彼は米国元国務長官のヘンリー・キッシンジャーと国際コンサルティング企業、キッシンジャー・アソシエーツの共同最高経営者でもある。

特に全世界スターバックスの売り上げ順位5位の韓国で、ラモーがスターバックス理事会の一員という事が広がり、SNSでは不買運動に参加意思を明らかにするネチズンが急激に増えている。

ビョンボギョン記者2018-02-12(韓国語)
http://www.insight.co.kr/news/139848

スターバックス


スターバックスは、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店である。 2015年現在においておよそ90の国と地域で営業展開をし、店舗数は22,519店。
スターバックス - Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・単なるスポーツ解説者のおっさんかと思ったら、かなりの人じゃないか

・正しいことを言って批判されるのはおかしい

・めんどくさい奴らだな。スタバ撤退すっか?

・アメリカの大物に喧嘩売ってんな

・撤退したら笑える

・韓国では定年退職したら、コーヒー店を経営する人も結構いる。スタバが無くなっても誰も困らない

・スタバはネトウヨ

・感謝しろなどとは思わないけれども、様々なデタラメを世界に向けてわめき散らすのだけはやめてもらいたい

・撤退した方がいいよ。早急に。リスクはもうピークだよ

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

☑️は『いいね!』済みです。
取り消しにご注意ください

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る