宮原知子の得点は「盗まれた」? まさかの「68.95点」に海外から疑問の声続々

▼記事によると…

・11日、平昌五輪フィギュアスケート団体予選が行われ、女子ショートプログラムで宮原知子が出場

・宮原は華麗な演技を終えると、大きな笑顔とともにガッツポーズを見せた

・しかし、表示された得点は「68.95」。冒頭のジャンプが回転不足と判定された

・意外と伸びなかった宮原の得点に、世界中のフィギュアファンから残念がる声が沸き起こっている

・「3年間ツイッターで沈黙を守ってきたが、サトコ・ミヤハラは盗まれた。そして、ジャッジたちは自分が何をしているのか理解していない」、「もっといい得点にふさわしい。彼女のスケートは美しかった」、「サトコ・ミヤハラは盗まれたとしか言いようがない」など、海外ファンからSNS上で疑問の声が上がっている

2018.02.11
https://the-ans.jp/news/17397/

宮原知子 プロフィール


宮原 知子は、日本の女性フィギュアスケート選手。京都府京都市中京区在住。左利き。血液型はB型。 主な実績に、 全日本フィギュアスケート選手権優勝4回。 2014年、2015年四大陸選手権2位、2016年四大陸選手権優勝。 2015年、2016年グランプリファイナル2位。
生年月日: 1998年3月26日 (19歳)
宮原知子 - Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・開催国が開催国やからね。W杯のアレ観て以来、今回は不可抗力な不幸と見とるよ。

・時間や目盛りを競うのではないスポーツは、本当に不可思議なジャッジメントが出る事がある。

・ほんと、ひどいなと思ったよ。でも今の日本のフィギュアは名実ともにトップだから選手一人一人がんばってほしい。

・あまりこういうの疑いたくないのだが、たしかにあの点は低すぎて悲しかったなあ。でも海外ファンのリアクションに感動。

・韓国でやってる事だから、ジャッジに何か影響が与えられても驚かない。

・南朝鮮オリンピックで、日本人が高得点なんか取れるわけがない。そんなこと、最初から分かってた。

・フィギュアスケートはいつも疑惑の得点が付く。  審査員の買収だろう。

・やはりあの採点に疑問を持つ人が多いんだな。冒頭の3Lz+3Tが回転不足ということだが、スローでズームで見ても足りているだろ!

・タイムや距離で点数が出る競技と違って、審査員の胸3寸。だから韓国なんかで公平さを求める競技なんぞやったらアカンのよ。

・リアタイで見たけどほんとに家族揃って「えっ?!ひっく!!」ってなった。納得いかないわぁ.....

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報をお届けします♪

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事