フィリピン大統領「慰安婦の銅像は憲法上、表現の自由」

▼記事によると…

・フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が旧日本軍慰安婦被害者を追慕する銅像の設置は、憲法上の表現の自由にあたるという見解を示した

・大統領はインタビューで「(慰安婦銅像の設置は)私が阻むことのできない憲法上の権利」

・野田総務相は9日、フィリピンの首都マニラを訪問してドゥテルテ大統領を表敬訪問した席で昨年12月、慰安婦を象徴する女性像が設置されたことについて「非常に残念だ」と述べ、政府間で対応を協議するよう求めていた。

1/18(木) 15:11配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180118-00000036-cnippou-kr

ロドリゴ・ドゥテルテ


ロドリゴ・ロア・ドゥテルテは、フィリピンの政治家。現在、同国大統領。ダバオ市長を7期務めた。
生年月日: 1945年3月28日 (72歳)
ロドリゴ・ドゥテルテ - Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・表現の自由は仕方ないかもしれないけど、虚偽と名誉の毀損についても考慮して欲しいです。

・隣国が首相の靖国参拝時にやんや言うのが恒例行事になってますが、日本ももっとアピールした方がいいと思いますよ。

・まぁ確かに像を設置するだけならそうかもしれないが、事実じゃない事を国ぐるみで捏造して拡散しようとしている行為は大問題でしょう。

・なんだかんだ言っても、安倍ちゃんよりドゥテルテさんの方が一枚も二枚も上手。結局、支援金だけ持って行かれた。

・まあ確かに憲法上は表現の自由かもしれないけど、あんな小汚い像が街中に建っているのは景観的にどうかな?

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

☑️は『いいね!』済みです。
取り消しにご注意ください

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事