▼北原みのりさんのツイート

国と国の「正式」な合意は政府が変わっても死守すべき、とか言う人が多くて驚く。

じゃぁ国会で「正式」に決まった安保法案、問題なしですか。

その決断が「正式」かどうかではなく、その方法に暴力と嘘がある場合、見直する力を持つ方が、成熟した民主主義。

北原みのり プロフィール


北原 みのりは、日本の著作家、運動家。アダルトグッズショップ『ラブピースクラブ』代表。ポルノ・買春問題研究会外郭団体ポルノ被害と性暴力を考える会理事。
生年月日: 1970年11月24日 (47歳)
北原みのり - Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・余りにも常識を逸脱した思考に驚く。突っ込みどころ満載ですが脳内変換機能が破綻してる方なのね…

・えぇ!?貴方が300万円で車を売った契約相手が、「ごめん、嫁さんには200万円ってついてた嘘がばれた。喧嘩になっちゃって、このままだと買えないので200万円に値下げして下さい。」って言われたら交渉に応じるんですか?

・いや、普通に考えても国同士の約束は守らないといけないでしょ。いきなり安保のことを出してるけど、まず全然関係ないし比較にならないから。論理が破綻してるしアホ過ぎる

・中学の公民から勉強やり直した方がいいですよ^^

・日韓合意のどこに暴力と嘘があるのか示すべきじゃないの。既に最終的かつ不可逆的に解決済みって知ってるのかな

・低脳ワロタw中学の公民、高校の政治受け直して来いw

・流石に無理がある。個人間と国家間を同じ感覚で扱ってるんだろうなぁ

・恥かいちゃったね。どう?恥ずかしい?恥ずかしいことさえわからないとすればすくいようがないけど^^

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

☑️は『いいね!』済みです。
取り消しにご注意ください

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事