Share News Japan

米軍ヘリ不時着、沖縄紙はお祭り状態…竹田恒泰「自分の命よりも犠牲者を出さない事を優先とした。賞賛されるべきなのに…」

米軍ヘリ不時着、沖縄紙はお祭り状態…竹田恒泰「自分の命よりも犠牲者を出さない事を優先とした。賞賛されるべきなのに…」

むしろ称賛されるべきなのに…

竹田恒泰
「ハリス氏もが言ってるが米軍基地周辺は人が沢山住んでるから無理矢理戻らず街を避け不時着させた。ヘリのトラブルが多いのは朝鮮有事に向け難度が高い練習が上がってる証拠。対馬の漁師もそれを感じてる。むしろ称賛されるべきなのに沖縄紙はお祭り状態」

▼DAPPIさんのツイート



竹田恒泰 プロフィール


竹田 恒泰は、日本の法学者、政治評論家、作家、タレント。皇學館大学現代日本社会学部非常勤講師。学位は学士。2013年度まで慶應義塾大学の非常勤講師であった。 旧皇族の竹田家に生まれる。北朝第三代崇光天皇の男系19世子孫であり、明治天皇の女系の玄孫、第125代今上天皇の再従甥にあたる。竹田恆和は父。
生年月日: 1975年10月24日 (41歳)
竹田恒泰 – Wikipedia

▼動画がこちら

▼twitterの反応



▼ネット上のコメント

・事故を起こさず着陸させたから非難するところはないのに、相変わらず沖縄のマスコミの酷さときたら。

・沖縄はもう半分中国になったのか?政治無関心も大概にしないと、取り返しがつかなくなるよ。

・沖縄のメディアは、、、  ア●ですね

・不時着背景察しても自身の都合良く反米・反日アピールに利用する沖縄マスコミ

・そのくせ尖閣諸島への中国の侵入には無関心のようですね。

             

記事が良かったら『いいね!』をお願いします。

〈1日1クリックのご支援お願いします〉
⬇︎⬇︎⬇︎
現在第1位!

                 

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事

Return Top