Share News Japan

【情報は命懸け】安倍総理 「特定秘密保護法に反対した映画監督が『映画が作れなくなる』と批判したが、作れなくなった映画があるのか?…」

【情報は命懸け】安倍総理 「特定秘密保護法に反対した映画監督が『映画が作れなくなる』と批判したが、作れなくなった映画があるのか?…」

特定秘密保護法

安倍総理
「特定秘密保護法に反対した映画監督が『映画が作れなくなる』と批判したが、作れなくなった映画があるのか?情報は命懸けで取ってくる。それが外に出ればその人の命が危うくなる。情報を渡すと言う事はそちら側で情報が守られ、信頼感があって成り立つ。」

▼take4さんのツイート



特定秘密の保護に関する法律


特定秘密の保護に関する法律は、日本の安全保障に関する情報のうち特に秘匿することが必要であるものを「特定秘密」として指定し、取扱者の適性評価の実施や漏えいした場合の罰則などを定めた日本の法律である。通称は特定秘密保護法(とくていひみつほごほう)。秘密保護法、特定秘密法、秘密法などとも呼ばれる。
特定秘密の保護に関する法律 – Wikipedia

▼動画がこちら

▼twitterの反応



▼ネット上のコメント

・簡単な話、この映画監督は「信用出来ない人が作った法律はどう悪用されるか分かったものじゃない」と言いたいのだろう。

・担当大臣は森まさこ議員でしたが、当時は民主党政権時代にやり込められたお返しと言わんばかりに徹底的に詰問され、国会前でも大変な騒ぎになりました。答弁もしにくかったでしょうね。

・安倍さんの例えはわかりやすいですね。

・居酒屋でグチったら逮捕されるとか、表現の自由がなくなるとか言ってましたね。

おすすめの関連記事

Return Top