▼関連記事


百田尚樹氏への取材で話題になった、沖縄タイムス阿部岳記者「中立で報道しているという気は確かにない」

⬇︎

▼望月衣塑子さんのツイート

沖縄タイムズの阿部岳記者の魂の込もった一冊「ルポ 沖縄 国家の暴力 」

沖縄基地の最前線にいる人々の希望と絶望が凝縮されている「人口140人の『東村・高江』。

ヘリパッド建設で自宅周辺をオスプレイが飛び交う。

抗議の市民に政府は本土の機動隊約500人を派遣。剥き出しの暴力が市民に牙を剥く」

望月衣塑子 プロフィール


望月 衣塑子(もちづき いそこ、1975年 - )は、日本のジャーナリスト。
東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、中日新聞東京本社に入社。東京地方裁判所・東京高等裁判所での裁判担当、経済部記者などを経て、現在東京新聞社会部遊軍記者。
望月 衣塑子 - Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・ああぁ 百田尚樹氏に嫌がらせをした あの阿部岳か。

・本、買います。ご紹介ありがとうございます。

・この方はひょっとして、反論させて相手が疲れる、バカバカしくなって黙るのを待ってるの?次から次へよく自分の無知をさらけ出せますね?

・一般市民に牙をむいているのは国家の方ではないと思います。

・典型的ものは言いよう。これもパクリかよ…

・まず、機動隊派遣のどこがどう国家の暴力なのですか?無責任な妄想本紹介しないで。
市民ではない左翼活動家が混ざっていたり、おかしな行動に出る者がいたりして怪我をする等したらこまるから機動隊を派遣することになったのでしょう。思い付きで方々発言されているようだが責任もつわけではないだろ

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事