慰安婦合意:安倍氏「1ミリも動かず」、日本メディアも激高

▼記事によると…

・数十年にわたり第一線で活躍した韓国のある外交官は「予想はしていたが、慰安婦TFの検証結果が発表された後、日本が予想以上に強く反発しており、今後が心配される」と述べた。安倍首相が平昌五輪への出席について返答を保留しているのは(日本の反発の中で)最も弱いものだ。ある外交筋は「今後、日本が国際外交の舞台で、米国の耳元で『韓国は安全保障よりも歴史を重要視する国で、約束も破る国』『中国に傾倒する国』と訴え続けることの方が大きな問題だ。そうなれば韓国は本当に苦しむことになる」と指摘した。

・日本の外務省は「慰安婦合意なしには日韓関係もない」と反発した。神戸大の木村幹教授は「非公開の合意事項まで公開したこと自体、韓国の信頼度を自ら低下させる行動だ」として「韓国政府は慎重に対応すると思うが、慰安婦合意の再交渉を要求したり合意を破棄したりすれば、日本は今後、慰安婦だけでなく北朝鮮核問題への共同対応、中国問題、経済問題などでも韓国とは協力しないだろう」と指摘した。日本があからさまな「コリア・パッシング(韓国外し)」に乗り出すことで、韓国の外交的孤立が深まるというわけだ。

・日本メディアは19日の韓日外相会談で、康京和外交部長官が「韓国の国民は慰安婦合意に納得していない」と述べた際、河野太郎外相が「国民を納得させるのはそちら(韓国政府)の仕事」と冷ややかに答えたと報じた。康長官は会談で、韓日通貨スワップの再開に向けた韓日ハイレベル経済協議の再開と安倍首相の平昌五輪訪問を要請したが、日本側は両方とも拒絶した。

2017/12/28(全文はソース)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/28/2017122802893.html

河野太郎 プロフィール


河野 太郎(こうの たろう、1963年(昭和38年)1月10日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、外務大臣、自由民主党行政改革推進本部長。 国家公安委員会委員長、内閣府特命担当大臣、自由民主党幹事長代理、法務副大臣、衆議院決算行政監視委員長・外務委員長等を歴任した。 父は、元衆議院議長の河野洋平。
生年月日: 1963年1月10日 (54歳)
河野太郎 - Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・良い仕事するなあ河野太郎

・これは素晴らしい

・もう完全に河野を認めた。ここまで有能とは想定外すぎる

・父親とはえらい違いだな

・父親とは比べ物にならない

・そう。はっきり言わないと伝わらないのよね。 曖昧でも伝わってしまうのは日本人同士だけの話。

・お前ら、父親の影響で、この人の事を色眼鏡でみてたよね

・散々反日しておいてよくスワップなんて言えたもんだな

・河野が有能と言うか今までの外相が無能だったってだけじゃないかな

http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1514618941/

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事