福島瑞穂が「脅迫・傷害」で捜査中の“武闘派労組”を支援していた《予告編》

▼記事によると…

・社民党副党首の福島瑞穂参院議員(62)が、傷害と脅迫の容疑で奈良県警が捜査中の労働組合の応援に駆けつけていた事実が判明しました。

・連帯に取材を申し込みましたが事実確認を拒否。福島議員は、小誌の直撃に、脅迫などで組合員が刑事告訴されていたことについて「それは知らない。知らないというか、私は社長が問題だと聞いている」とし、書面での事実確認には回答しませんでした。奈良県警は捜査を進めており、人権派で知られる福島議員の対応が注目されます。

2017.12.26 16:00 (全文はソース)
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/9077

福島 瑞穂


福島 瑞穂(ふくしま みずほ、1955年12月24日 - )は、日本の弁護士、政治家。社会民主党所属の参議院議員、社会民主党副党首・参議院議員会長、希望の会議員会長、社会主義インターナショナル副議長、学習院女子大学客員教授。神奈川県在住。 社会民主党幹事長、社会民主党党首、内閣府特命担当大臣、内閣府特命担当大臣、内閣府特命担当大臣を歴任した。
生年月日: 1955年12月24日 (61歳)
福島 瑞穂 - Wikipedia

▼週刊文春のツイート

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・辻元清美かと思ったのに

・しかし、ニュースにならない笑

・ここまで堕落した福島瑞穂を議員としてみてはだめですね。

・改めてこの人は恐ろしい人だなと思った・・・。

・文春もまともな仕事をたまにはしますね

・大きなクリスマスプレゼント🎁だな‼️(爆笑)

>福島瑞穂・社民副党首が、「脅迫・傷害」で捜査中の“武闘派労組”を支援していた
普通じゃん? もしかして、繋がってないとでも思ったのか?

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事