沖縄振興予算140億円減の3010億円

▼記事によると…

・政府は2018年度予算案で、沖縄振興予算を前年度の当初予算より140億円減らし3010億円とした。3190億円を求めた概算要求から180億円下回った。2年連続で減額となり、翁長雄志沖縄県知事の就任後最低の水準となった。政府は一括交付金が前年度より約170億円減ったことが主な要因と説明している。

2017/12/22(全文はソース)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2495128022122017EAF000/

翁長雄志 プロフィール


翁長 雄志は、日本の政治家。沖縄県知事。 那覇市議会議員、沖縄県議会議員、沖縄県那覇市長などを歴任した。 父は元沖縄県真和志村長の翁長助静。兄は沖縄県副知事、沖縄県議会議員を務めた翁長助裕。次男は那覇市議会議員の翁長雄治。
生年月日: 1950年10月2日 (67歳)
翁長雄志 - Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・翁長よ、”日本”の国民の血税だという事を忘れるな。

・明日には沖縄に対する差別だって騒ぐな

・中国様にそのまま流れているなんてオチは困りますね。

・まだまだ多い。

・ろくな事に使わないならもっと減らせよ。

・もう沖縄県を甘やかすのは終わり。反日左翼の掃討に全力を尽くせ

・知事自ら基地反対なわけだから基地関係の仕事もお金もいらないってことなんでしょ??当たり前でしょ。

・どうせ反日工作など悪いことにしか使わないでしょうから減額されるのも当然ですよ。その予算の一部を使ってご主人様(中国)参りしてる可能性もありそうですし3000億円もあげすぎだと思いますけどね。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事